子育て情報『母の日に贈りたい! カーネーションの最新トレンドと花束を注文するコツ』

2017年5月13日 19:00

母の日に贈りたい! カーネーションの最新トレンドと花束を注文するコツ

母の日に贈りたい! カーネーションの最新トレンドと花束を注文するコツ

こんにちは。ライターのNANARUKAです。

母の日のフラワーギフトといえばカーネーション。品種が豊富なうえ、リーズナブルで管理もしやすく、さらに日持ちするので、この時期に限らず贈り物にぴったり。

最近では珍しい色や形のものも多く出回っているため、選ぶ側としても楽しめます。

今回はそんなカーネーションの魅力に迫ります。最近の傾向とトレンド、ぜひチェックしてみてくださいね。

●なぜ母の日にカーネーションを贈るの?

カーネーションと母の日のつながりについては、「アメリカ人の少女が、亡くなった母を追悼するために、教会で白いカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配った」というエピソードが定説となっています。

この日が1908年5月10日だったことをきっかけに、5月の第2日曜日が『母の日』に制定されたそうです。

当時は、母親が健在の人は赤いカーネーションを、母親が故人となっている人は白いカーネーションを胸に飾っていたそうですが、それが変化して母親に赤いカーネーションを贈る風習が広まったそうです。

●赤やピンクだけじゃない! 最近のトレンドとは?

そんな背景あっての「母の日」ということを思えば、白いカーネーションを贈ることは避けた方が無難かもしれません。

また、花言葉を意識するなら、黄色のカーネーションは「軽蔑」という花言葉を持っている のでご注意を。

しかし、キク、バラと並んで日本の3大切り花であるカーネーションは、花色、花形、大きさも実にさまざま。あまりこだわりすぎず、感性に任せて選んでみましょう。

●ビビッドピンク
母の日に贈りたい! カーネーションの最新トレンドと花束を注文するコツ

一言でピンクといってもトーンはさまざま。こんなビビッドカラーはアレンジのポイント使いにも。

----------

カーネーションの品種は数千にも及びます。最近ではブラウンがかったダークな赤色やシックなベージュ、涼しげなグリーンなども一般的。

●ベージュ
母の日に贈りたい! カーネーションの最新トレンドと花束を注文するコツ

落ち着いた色味のベージュならインテリアにもほどよく馴染みます。

----------

1本の茎に1つの花をつけるスタンダードタイプのほか、分枝して複数の花をつけるスプレータイプもあり、アレンジ法や見映えもさまざま。近所の花屋さんでも、これまでのカーネーションのイメージを変えてくれる品種に出会えるかもしれません。

●スプレーグリーン
母の日に贈りたい! カーネーションの最新トレンドと花束を注文するコツ

グリーンのスプレータイプ。小ぶりの花々がさわやかで涼しげ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.