子育て情報『こっそり監視? 子どものSNSアカウントを見つけたママの本音と対処法』

2017年6月1日 18:18

こっそり監視? 子どものSNSアカウントを見つけたママの本音と対処法

こっそり監視? 子どものSNSアカウントを見つけたママの本音と対処法

twitterやLINE、InstagramといったSNSを自由自在に使いこなす子どもたち。現代っ子にとってSNSは、欠かせないコミュニケーションツールとなりました。

しかし、親も日常的にSNSを使っている場合、バッタリと子どものアカウントに出くわしてしまうことがあります。

さて、読者の皆さん。もしお子さんのSNSアカウントを見つけてしまったとき、あなたならどうしますか?

今回は、実際にお子さんのアカウントを発見したことがあるママたちから、その後どうしたかをヒアリングしてきました。

「すぐに見るのをやめた」派ママと「ずっと見続けている」派ママに分かれたのですが……それぞれの主張には、なかなか興味深い違いがありましたよ。

●「すぐに見るのをやめた」ママたちの意見

まずは「見るのをやめた」派のママたちの声からご紹介しましょう。

『プロフィールに顔写真を出していたので、すぐに娘だと分かりました。でも、その瞬間に画面を閉じて、忘れることにしましたね。だって、親の悪口とかきっと書いてある でしょ?そんなの見たくないですからね。知らないほうが幸せなこともきっとありますよね(苦笑)』(50代女性/主婦/高校生女の子の母)

反抗期のお子さんなら、親に対する文句やグチのひとつくらいはSNSに書いていることでしょう。

親が見ていないのをいいことに、普段は決して口にしないような言葉で罵っているかもしれません。

そんなお子さんの姿、できることなら見たくない……そう考えるなら、お子さんのアカウントは見ないに限りますね。

また、こんな声も多く聞かれました。

『娘のアカウント、どんなことを書いているのか興味があって、1度だけ見ちゃったことがあります。学校生活、友だちとの関係、好きな人のこと、バイトで失敗したこと、私に怒られてムカついたこと……ざっと見ただけでも、盛りだくさんの内容でした。

そのほとんどは、私には全く知らされていないこと。ああ、もう親には何にも言ってくれないんだなって、ショックを受けましたね。でもね、私自身も、思春期のころは鍵付きの日記帳にいろんなことを書いてたんです。もちろん親には絶対秘密のことばかり。

娘も私も、やっていることは同じ。そう思えば、内容を親に見られたくないのなんて当然ですよね。あれ以来もう見ていません』(40代女性/会社員/中学生女の子の母)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.