子育て情報『美肌石鹸に変身!? 使い終わった“食用油”の活用アイデア3つ』

2017年7月12日 19:55

美肌石鹸に変身!? 使い終わった“食用油”の活用アイデア3つ

美肌石鹸に変身!? 使い終わった“食用油”の活用アイデア3つ

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

みんな大好き唐揚げ、ご馳走トンカツ、人気のおやつドーナツなどなど、揚げ物にはおいしいメニューがたくさんありますね。

ただ、油で揚げておいしく食べた後には“廃油”が残ってしまいます。皆さんは使用後の油、どうしていますか?固めてゴミ?ちょっと待って。廃油を魅力的に変身させる方法があるのです。

今回は廃油を石鹸やロウソク、肥料に変身させる方法についてご紹介します。

●(1)安全安心美肌石鹸

食器洗いなどの家事で“洗剤荒れ”する手、アレルギーで痒くなって痛くなる肌。そんな身近な悩みを廃油が解決してくれるかもしれません。

“廃油から石鹸を作る”、聞いたことはあっても実際に作ったことのある人はそれほど多くないでしょう。

「難しそう」「面倒くさそう」という声も聞こえてきそうですが、実はとっても簡単なのです。

材料は“廃油”“オルト珪酸ソーダ(薬局で入手可能)”だけ。道具として計量カップや秤、漏斗、空ペットボトルなども用意しましょう。

作り方もシンプル。水でオルト珪酸ソーダを溶かし廃油をプラス。ペットボトルに入れてしっかりシェイクしたら後は自然に固まるのを待ち、乾燥させれば“オルト石鹸”の出来上がり です。

食器洗いや洗濯物や靴の下洗い、手洗いにも洗顔にも洗髪にも使えます。

オルト石鹸の製造過程で尿素(薬局やホームセンターで入手可能)を混ぜるとあら不思議。保湿力抜群の美肌石鹸も簡単に作ることができます。

●(2)手作りアロマキャンドル

廃油は燃料にもなります。廃油を80度に温め直して市販の廃油凝固剤を入れれば、ロウソクのもとに変身。

ここにお気に入りのアロマオイルで“香り”を、削ったロウソクカスか油絵具で“色”をプラスし、細めのタコ糸を芯にすれば、オリジナルのアロマキャンドル も簡単に手作りできます。

アルミ缶やコップなどの熱に強い容器で固めたり、タッパーなどで固めて、型抜きしたりするのもおすすめ。

アロマオイルの種類やタコ糸の太さによっては、炎があがったり煙が出たりすることもあるので、最初に着火するときは、安全な場所でお試しください。

●(3)緑イキイキ肥料
サラダ油の原材料は植物。そう考えると、自然に返すのが一番自然なことのような気もします。

ただ、そのまま庭やプランターにまいたのではニオイが出たり虫が出たりといった害が発生する可能性があります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.