子育て情報『水拭きは厳禁!? 壁や壁紙の汚れをキレイに落とすコツと注意点』

2017年7月22日 19:38

水拭きは厳禁!? 壁や壁紙の汚れをキレイに落とすコツと注意点

水拭きは厳禁!? 壁や壁紙の汚れをキレイに落とすコツと注意点

目立った汚れがなくても、次第に汚れが蓄積してしまう壁や壁紙。

普段はあまり意識することがないため、そのままの状態になっているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、日頃からこまめに掃除しておくことでキレイな状態を保つことができますし、 いざ目立つ汚れが付いてしまったというときは、コツを知っておくことで簡単に落とすこともできます。

今回は、壁についた汚れを落とすコツを、汚れの種類ごとにご紹介します。

●(1)クレヨン、ボールペンなどの落書き汚れ

小さなお子さんがいる家庭では、壁に落書きの跡が付いてしまっているということも少なくありませんよね。

クレヨンなどの汚れは油性の汚れに分類されるため、粉石鹸に水を含ませて拭き取ることで、汚れが落ちやすくなります。

また、もっと手軽に落としたいというときには、消しゴム が有効です。軽くこすってみると、驚くほどラクに汚れが落ちることがあります。

この他、歯磨き粉を付けた歯ブラシで軽くこするという方法もおすすめです。

●(2)タバコのヤニ汚れ

あまり頑固ではないタバコのヤニは、固く絞った雑巾で水拭きすることで落ちることがあります。

どうしても取れない場合には、アルカリ洗剤を使うといいでしょう。

スプレータイプの洗剤では、あらかじめ汚れた部分にスプレーしておき、しばらく放置したあとで拭き取る と、より汚れ落ちが実感できます。

●(3)カビ汚れ

壁汚れの中でも特にやっかいと言われるカビ汚れ。見た目はもちろん、健康のためにもできるだけ除去したいところです。

再発を防止するためには、殺菌作用のあるエタノールを使うのがおすすめ。

消毒用のエタノールをふくませた雑巾でふきとり、その後、重曹を水で薄めたものをかけると汚れの分解と予防の両方の効果 が期待できます。

なお、カビ汚れが強い場合には、メラミンスポンジも有効です。壁の種類によっては傷つけてしまうこともあるため、目立たないところで試してから使うようにしましょう。

●壁掃除の注意点

『軽いホコリぐらいだからと思って濡らした雑巾でふいたら、ホコリが水を吸って黒くなり、それが壁にこびりついてしまいました。最初に掃除機などでホコリを取り除いておけばよかったです』(30代男性/会社員)
『壁紙のつなぎ目に気づかずに濡れた雑巾で掃除していたら、水分が入り込んでしまったみたいで、ふやけてはがれてしまいました』(20代女性/事務)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.