子育て情報『もっと早く帰ってきて!パパの帰宅を早めるママの知恵』

2017年11月28日 19:18

もっと早く帰ってきて!パパの帰宅を早めるママの知恵

もっと早く帰ってきて!パパの帰宅を早めるママの知恵

こんにちは。臨床心理士の今井千鶴子です。

旦那さんは毎日何時頃帰宅していますか?

帰りが遅く困っているママも多いと思います。

そこで今回は、旦那さんの帰宅を早めたいママにオススメの方法 をご紹介します!

●行動スケジュールを決める

「(いつも帰りが遅いのに)急に帰ってくると焦る…」というママの声をよく耳にします。

私も経験がありますが、そういう時に限ってご飯の準備ができていなかったり、部屋が片づけていなかったりするんですよね・・・(苦笑)。

そうなると、あたたかく迎えるというよりも「今日はやけに帰りが早いね」などと嫌味を言ってしまったりしませんか?

ただ、旦那さんからしてみれば、「せっかく早く帰ってきたのに」「そんな風なら早く帰らなきゃよかった」と思うわけです。そして、その後また帰りが遅くなってしまうこともあります。

そのようなすれ違いを防ぐためにできることの1つは、できる限り“毎日同じ生活時間を守るようにする” ことです。

子どもの勉強の時間、晩ご飯の時間、お風呂の時間、遊ぶ時間、寝る時間を大まかに決めておくと、旦那さんもその時間に合わせて帰宅することができます 。

相手のスケジュールを気にせずに行動できるので、お互いにストレスが減らせる方法だと思います。

●食事によるコミュニケーション

第一生命経済研究所(2005)の調査では、「普段子どもとよく対話する」と感じているパパは54.4 %、ママは79.6%でした。

また、同じく第一生命経済研究所(2014)の調査では、パパよりもママの方が「子どもの状態を把握している」と考えていることが報告されています。

中でも、「情緒面の発育や悩み事・心配事」において、パパはママに比べて把握していない と感じているようです。

親子の対話を深めるために効果的なことの1つが、食事を共にすることです。

永江誠司著『子どもの脳を育てる教育』の中でも、「人間の生きることに直接関わる行為を他者と共にすることで、その関係はますます深くなっていく」などと述べられています。

また、食事にはリラックス効果もあり、おだやかな心でコミュニケーションを図ることができます。

親子の関係が深まれば深まるほど、お子さんの悩みや心配事に気づきやすくなりますし、パパだから気づくことや、お子さんにとってはパパだから話せることもあると思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.