子育て情報『夫婦のすれ違いを修復しよう! 相手とわかり合うための3つの処方箋とは』

夫婦のすれ違いを修復しよう! 相手とわかり合うための3つの処方箋とは

2018年9月14日 19:55
 

夫婦のすれ違いを修復しよう!相手とわかり合うための3つの処方箋とは

なんで理解してくれないの?

どうしてわからないんだ!

と意思疎通に苦しんだ経験ありますよね。

そんな夫婦間での会話に悩んでいるあなたに、パピマミ編集部が脳の違いをもとに会話をスムーズにする方法をご紹介します。

脳のメカニズムを理解するだけ で、今までよりも会話がグッとスムーズになるはずです。

男性脳と女性脳を見分ける簡単な方法

まずはじめに、あなたの右手の指の長さを確認してください。

次のどちらでしょうか。

A.人差し指より、薬指が長い

B.薬指より、人差し指が長い。

もしくは同じくらい

Aだった方は、男性脳です。

Bだった方は、女性脳 です。

夫はAで、妻はBが多いのではないでしょうか。男性は男性脳になりやすく、女性は女性脳になりやすいのです。

男性脳、女性脳と聞きなれない言葉を使いましたが、人間は生まれつき、脳の作りが一人一人違います 。

つまり、自分が男性脳なのか、女性脳なのかはっきりさせるだけで、コミュニケーションが円滑になりやすいと言えるでしょう。

男性脳か女性脳の違いは、イギリスの心理学者であるジョンマニング氏によると、母体のお腹の中にいるときに浴びた男性ホルモンの量 で決まると言われています。

お母さんのお腹の中で男性ホルモンを大量に浴びると、「人差し指」が長く、男性ホルモンの量が少ないと、「薬指が長いかほぼ同じ長さ」に。

ただ、この話は傾向というだけで、白黒つけられるものではありません。全ての男性が完全な「男性脳」ではありませんし、全ての女性が完全な「女性脳」でもありません。

しかし脳によって行動や思考が違うのは、「男女は分かり合えない」という世の風潮を見れば明らかです。傾向の話 である、という前提をもとに話を進めていきます。

男性と女性の「脳」はちょっと違う

「人間は、男性脳と女性脳に分かれている」

この脳のメカニズムを知らないと、相手を理解できずに行き違いが増えてしまいます。

ご存知かもしれませんが、脳には「右脳」と「左脳」があります。

右脳は、直感や感性 を司り、左脳は、言語や思考 を司ります。人間は、この2つの右脳と左脳を交互に使って、脳を使っているのです。重要なのは、この2つ脳をバランス良く使える人と使えない人がいる ということ。

脳波を測るMRI検査をして、男性と女性の脳の違いを測った実験があります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.