子育て情報『なるべく火を使いたくない育児中の料理、私はこうやって乗り越えた!』

2018年7月21日 19:55

なるべく火を使いたくない育児中の料理、私はこうやって乗り越えた!

なるべく火を使いたくない育児中の料理、私はこうやって乗り越えた!

こんにちは、佐原チハルです。

乳幼児の育児中って、火を使った料理はできるだけ避けたくなりませんか?

泣いたらあやしにいきたくなるし、子どもが動くようになったら、目を離したくありません。

でも、火を使っている間にコンロから離れるのはとても危険です。

だから小さい子の育児中って、火を使った料理をする負担がすごく大きい んですよね。

そこで我が家では、“火はできるだけ使わない調理” をしていました。

今回は、火を使う時間を減らすためにしていた工夫について、ご紹介します。

鍋料理は、圧力鍋かシャトルシェフを利用する

圧力鍋もシャトルシェフも、よく「ワーキングマザーに便利 」と言われます。

たしかに我が家でも、どちらも今もよく使っています。しかしこれらが大活躍したのは、仕事が本格的になるよりも前の乳児育児中でした。

シャトルシェフも圧力鍋も“時短”のように言われますが、実は調理時間はそれほど短くなりません 。

シャトルシェフは、加熱後に保温容器で余熱調理する必要があります。圧力鍋は、加熱して圧力をかけた後、圧力が抜けるまで待つ必要があります。

どちらの鍋を使っても、総合の調理時間はそれほど変わらないのです。

しかし加熱時間は、大幅に短縮 できます。

省エネ・ガス代の節約にもなる上、料理は長時間煮込んだような絶品の仕上がりになってもくれます。

シャトルシェフと圧力鍋のどちらがいいかは、お好みによりけりと思います。いろいろな製品、またサイズを比べて選んでみてください。

オーブン調理は乳幼児育児中の強い味方!唐揚げだって放置可能

みなさまのおうちに、オーブンはありますでしょうか。

「オーブンレンジ持ってるけど、レンジばかりでオーブンは使ったことがない」という方も少なくないのでは。

オーブンて、なんとなく“本格的すぎる”感じがして、身近じゃないイメージがありますよね。

でもオーブン、めちゃくちゃ便利 ですよ。

たとえば“アクアパッツァ”。なんとなく難しそうなイメージがありますよね。

でもこれ、耐熱皿に魚の切り身とお好みの野菜をテキトウに乗せ、塩コショウ少々とオリーブオイルを垂らしたら、あとはオーブンに突っ込むだけでできちゃいます。オーブンて、ほったらかし料理にとても向いている んです。

乳幼児育児中は揚げ物を作るのも敬遠しがちですが、オーブンを使えば、唐揚げだってほったらかしで作れちゃいます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.