子育て情報『若い夫婦のやりとりはメールが7割!でも中身のある会話は1割?』

2018年9月6日 19:38

若い夫婦のやりとりはメールが7割!でも中身のある会話は1割?

若い夫婦のやりとりはメールが7割!でも中身のある会話は1割?

夫婦関係に亀裂が入る理由の1つに、意思疎通の少なさが挙げられます。

しかし夫婦仲に亀裂が入ってる夫婦でも、「メールでのやりとりはしっかりしている」と話をされる機会が多く、パピマミ編集部は不思議に思っていました。

そこで世の中の夫婦は、どのようにやりとりをしているか調べてみると、これが原因なのでは?と思える問題を発見。

その問題点について、パピマミ編集部がこれからご説明します。

目次若い夫婦ほどやりとりの7割は「メール」夫婦でのメールのやり取りは、「帰宅報告」「お使い」「夕食の有無」がメイン夫婦のやりとりで離婚率を3分で測る方法まとめ

若い夫婦ほどやりとりの7割は「メール」
若い夫婦のやりとりはメールが7割!でも中身のある会話は1割?

引用:博報堂生活総合研究所

博報堂生活総合研究所で、20歳から60歳までの夫婦2000人を調査したところ、全体平均でメールのやりとりが7割、電話が8割という結果になりました。

ただ、年代別で見てみると、20代の夫婦と、30代の妻 は、メールの利用が一番多いことがわかります。

仕事環境によっては、電話をする時間すらない方もいらっしゃいますよね。

自然にメールでのやりとりが増えてしまうのかもしれません。いつでも送ることができて、しかも記録にも残るのでメールはとても便利です。

しかしその反面、意思疎通をはかるのやりとりの手段としては使い勝手が悪い と言えます。

相手は喜んでるつもりでメッセージを送ったのに、相手には怒ってるように捉えられるような経験は、誰にもであるはずです。
若い夫婦のやりとりはメールが7割!でも中身のある会話は1割?

引用:博報堂生活総合研究所

夫婦間でもメールの利用頻度のデータを見ると、毎日が4割、週に2〜3回が3割という結果になりました。

やはり毎日メールする夫婦が多いようです。

このデータでは、どの程度の量のやりとりをしているかまではわかりませんが、やり方を失敗している可能性もあります。

とは言っても、毎日メールをしている割にうまく進んでいないのも確かです。

関連記事:子育てにおける役割分担って?男性と女性の持つ違い知っていますか

夫婦でのメールのやり取りは、「帰宅報告」「お使い」「夕食の有無」がメイン
若い夫婦のやりとりはメールが7割!でも中身のある会話は1割?

引用:博報堂生活総合研究所

全体の夫婦でのメールのやり取りの内容は、帰宅時間や日常的なお願いが最も多いという結果に。

つまり、たくさんのやりとりをしているようで、中身のある連絡はしていない ことになります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.