子育て情報『2歳の男の子の子育ては悩みだらけ!上手な解決策とは』

2018年10月19日 20:18

2歳の男の子の子育ては悩みだらけ!上手な解決策とは

2歳の男の子の子育ては悩みだらけ!上手な解決策とは

自我に目覚める2歳児の子育ては、想像以上に手間がかかります。

また、男の子の活発な動きについていくのも大変で、毎日が悩みの連続です。でも、それはきちんと発達している証拠。

もっともっと、ママやパパとの関係を良くするための方法をパピマミ編集部が紹介します。

男の子の子育てのコツ

ママであるお母さんは、男の子の気持ちがよく分からず、悶々としてしまうこの時期 。2歳児は、急になんでも自分でやりたがる「じぶんで」が口癖の子どもに変身してしまう頃です。

男の子だからか、動きも活発で、公園で会う女の子連れのお母さんがうらやましくなりがち。毎日が体力勝負で、本当に辛い毎日になっている人もいるでしょう。でも、良いところだってあるんです。

この時期に思いっきり身体を動かすことによって、ご飯を美味しくたくさん食べられるようになったり、一緒にかけっこをするときのあの嬉しそうな顔を見れたり、ちょっとだけ嬉しいことを見つける天才 になれます。

「じぶんで」とはつまり、きちんと成長している証拠です。

子育てが間違っていない証です。言われても困らないようにたくさんの時間と、自分の気持ちに余裕を持てることで乗り切れます。ことばの意味を理解するのも難しい時期ですから、ことばだけで理解するのは難しいと理解しておきましょう。

「次はママの番 」などと、次があることを遊びの中で経験することで、「次は自分でお願いね」と言ったことを理解できるようになります。遊びの中で、というところがポイントです。

発達に応じた遊びをしてみよう

2歳の子どもは身体の運動能力が発達して、自分の思ったような動きができるようになってきます。男の子はかけっこをしたり、坂道を登ったり、ジャングルジムのような掴んで登ってなどの全身を使う遊びが大好きです。

目を離さずに、自分でやれるところまでやらせてみましょう 。小高い丘に登ることもこの時期は難しいですが、そういった活動の中で足の指も十分に使うことができて、その後バランスの取れた体づくりにつながってきます。

でももっと大切なことは、登れた時の嬉しい気持ちに共感してあげること です。「大変だったね、すごいね、できたね。」ほめられることが大好き。

ほめることができるチャンスは遊びのなかにたくさんあります。活動範囲が広がって男の子と一緒に遊ぶのが大変と思っている人も多いと思います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.