子育て情報『仕事も家庭も笑顔にしたいパパとママのための「アドラー心理学」』

2018年12月11日 19:38

仕事も家庭も笑顔にしたいパパとママのための「アドラー心理学」

仕事も家庭も笑顔にしたいパパとママのための「アドラー心理学」

アドラー心理学を元に、夫婦仲の改善方法や子育てのコツなどを連載中の熊野英一さん。

熊野さんは、アドラー心理学を用いた子育て事業をメインに行なっているコミュニケーションのプロ。

そんなアドラー心理学や子育てに精通している熊野さんとは、一体どんな方なのでしょうか。そこで、熊野さんの経歴や現在の事業内容などを通して、「アドラー心理学」を知ったきっかけを伺いました。

華やかなキャリアの会社員時代

●華やかなキャリアだった会社員時代

ー今までの経歴を教えていただけますか?

仕事は、最初にメルセデスベンツで人事を担当し、そのあとにMBAを取りにアメリカへ行って、そのままアメリカの製薬会社のイーライリリーでマーケティングを担当。次に国内の企業での保育サービスの統括を経験し、その保育の経験を元に独立しました。

プライベートは、メルセデスベンツ時代に同じ部署の女性と結婚し、2人の息子がいます。今は離婚していますが、家族みんな仲良しですよ。アドラー心理学のおかげかもしれません。

●独立準備のために保育の仕事をするが…

ー外資系から保育への転職理由は何ですか?

メルセデスベンツもイーライリリーも、スマートな会社でした。でも、ワクワクしなかったのも事実です。学生時代から独立したいという意思もあり、保育の仕事で起業を考えていました。

そんなときに、知り合いから保育の仕事のオファーをいただき、引き受けました。でも、思っていた以上に保育の世界は厳しかった。論理的な思考をしても解決できない問題ばかりで、もう頭がパンクしそうになりましたね。

激務のおかげで激ヤセするし、家族の時間は減っていくし、あの1年半は本当に辛かったです。

知ってますか?足って痩せるんですよ。履いていた靴がパカパカになるんですよ…。

●問題ばかりの保育の世界を変えたい

ー会社を辞めて独立したきっかけは何ですか?

私が働いていた会社が、他の会社に吸収されることになりまして、そのタイミングで私も辞めました。辞めたときは、次の会社も決まっていなくて、妻に怒られて関係が悪くなったのを覚えています。

ただ、もう会社員をやる気にはなれなくて、学生時代から思い描いていた独立を決意したんです。事業内容は、もちろん「子育て」関連です。保育の世界で働いていた身として、必ず役に立てると思いました。

事業に行き詰まっていたときにアドラーに出会う

●保育の仕事を通して感じた問題点

ー現在の事業内容を教えていただけますか?

私の行なっている事業は、大きく分けて「子育て」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.