子育て情報『【子連れ再婚、わたしの場合。】第6話(最終話):時間をかけて作るわたしたちの「家族」のカタチ』

2019年3月8日 17:18

【子連れ再婚、わたしの場合。】第6話(最終話):時間をかけて作るわたしたちの「家族」のカタチ

【子連れ再婚、わたしの場合。】第6話(最終話):時間をかけて作るわたしたちの「家族」のカタチ

こんにちは、2〜11歳の3男1女のママをしています、スガカズと申します。

私が再婚したときは、長男はまだ6歳でしたが、年月がたち、今や11歳(小5)です。

いろいろ困難もあるけれど、人や家族にやさしくできる子になっていると思います。(親ばかでしょうか……!?)

今回は、そんな長男に「とても大事な話」をしたときのお話をしようと思います。

このお話はかなり意見が分かれる内容だと思います。

家庭によって考え方はちがうでしょうし、さらに子どもの性格によって結論は変わると思います。

わが家の長男に関しては「言ってよかった」と感じたことなので、一つの事例としてお話します。

血のつながった父親とのこと
【子連れ再婚、わたしの場合。】第6話(最終話):時間をかけて作るわたしたちの「家族」のカタチ

長男は「記号」を覚えるのが得意で、最近、自分の血液型が特殊だと話す機会があります。

家族の血液型も把握していますし、「ABO式血液型」を何となく理解しています。

つまり、長男にとって、自分のルーツ(本当の父親が別にいること)を知るきっかけは

思春期になる前に第三者から聞く 思春期に生物の授業で発覚する

このどちらかなのです…!

旦那はというと、血のつながりについて特に難しくとらえていません。

「自分の子どもだから、起こったことに自分が責任をもつ」という姿勢です。

前回のお話で少し話したのですが、長男はそんな旦那を理解しているようです。

私たちは子どもたちの性格やお互いの考えを確認したうえで、長男にだけ真実を伝えることにしました。
【子連れ再婚、わたしの場合。】第6話(最終話):時間をかけて作るわたしたちの「家族」のカタチ

伝える日……気をつけたこと

私が気をつけたことは、以下です。

長男の2人きりのときに話しあう 深刻な雰囲気で話さない ウソやごまかしはしない 実の父親に会いたい気持ちを否定しない 実の父親の悪口をいわない

そして最後に、私が絶対に子どもたちに伝えたいことがありました。

血のつながりは重要だけど重要じゃない
【子連れ再婚、わたしの場合。】第6話(最終話):時間をかけて作るわたしたちの「家族」のカタチ

私「それもそうだね。お仕事していないと大変な思いをするからね。」

私「もう一つ、お母さんとお父さんは思ってるんだけどね。」

長男「うん」
【子連れ再婚、わたしの場合。】第6話(最終話):時間をかけて作るわたしたちの「家族」のカタチ

私は、長男と血がつながっている父親が、家族に責任をもつことをあきらめてしまったことを言いました。(主観を入れず、事実を淡々と伝えました)

そして、その父親が現在どうしているのかも話しました。

伝えたいことを理解してくれた長男
【子連れ再婚、わたしの場合。】第6話(最終話):時間をかけて作るわたしたちの「家族」のカタチ

長男は、ひとしきり私に質問したあと、納得してくれました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.