子育て情報『完璧主義こそキケン!? 転勤族ママの「引っ越しうつ」の症状と予防法』

2016年3月2日 18:00

完璧主義こそキケン!? 転勤族ママの「引っ越しうつ」の症状と予防法

完璧主義こそキケン!? 転勤族ママの「引っ越しうつ」の症状と予防法

こんにちは、ママライターの木村華子です。

肌寒い日もありますが、少しずつ早春の息吹を感じられるようになりました。春といえば、旅立ちのシーズン。

来年度から新生活を控えている方も少なくはないでしょう。

新しい街に、新しいお部屋。新しい人間関係……。ちょっと緊張しますが、期待に胸躍る季節です。

無論、旅立ちは学生さんだけのものではありません。

転勤族のみなさんの中には、子どもたちやパパ・ママも引っくるめて、ファミリー総出で新生活をスタートさせるケースも珍しくはないでしょう。

引っ越しの慌ただしさの中、この記事に出会ったママもいらっしゃるかもしれません。

今回は、専業主婦にとくに多いと言われる“引っ越しうつ”についてお話しします。

●“パパの転勤について行きたい”ママは半数以上!

2013年『マイナビ賃貸』は、既婚女性に対し“夫が転勤になった場合”のアンケートを行い、以下のような調査結果を公表しました。

Q『夫が転勤になった場合、一緒について行きますか?』
→『ついていく』と答えた女性……69.9%(子どもなし)・57.9%(子どもあり)
→『ついていかない』と答えた女性……30.1%(子どもなし)・42.1%(子どもあり)

やはりお子様がいらっしゃる場合、幼稚園・保育園や学校を変えることに抵抗があるためか、『ついていかない』と答えるケースが多くなる様子。

とはいえ、子どもの有無に限らず、どちらも半数以上の女性が『夫の転勤についていく』 と答えていることがわかります。

単身赴任という選択肢もありますが、可能であればパパと一緒に暮らしていたいものですよね。

ところが、会社や学校で新たな出会いをするパパや子どもたちとは異なり、ママにとって引っ越しは孤独や忙しさとの戦い。

私自身も転勤族のママとして暮らしていますので、引っ越しに伴うママへの物理的・精神的負担 は痛感してきました。

引っ越しは楽しい反面、とっても大変!そしてそのダメージの多くは、ママにたくさん降りかかってきます。

平日の日中に荷造りができるのはママしかいない……。

引っ越しに必要な各種手続きをリサーチし、こなしていける時間もママにしかない……。引っ越しを控えた子どもたちの心のフォロー役もママ……。

そして新天地では、新たなご近所づきあいをスタートさせて、一からママ友を作って……。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.