子育て情報『赤ちゃんにもシミ対策! ママが知るべき「0歳児のUVケア」方法5選』

2016年4月23日 20:00

赤ちゃんにもシミ対策! ママが知るべき「0歳児のUVケア」方法5選

赤ちゃんにもシミ対策! ママが知るべき「0歳児のUVケア」方法5選

こんにちは、ベビースキンケア講師のfurahaです。

春になり、暖かくなってきたと同時に、日差しもだいぶ強くなってきましたね。この季節になると、女性にとって気がかりなのは紫外線。

UVクリームを塗ったり、化粧下地にUV効果があるものを選んだりと、ママご自身はそれなりに紫外線対策をされていると思いますが、同じように赤ちゃんにも紫外線対策をしてあげないといけないこと、ご存じですか?

いつからすればいいのか、どの程度すればいいのか、と多くのママが疑問に思う0歳児のUVケアについて紹介します。

●赤ちゃんにUVケアが必要な理由

そもそも、なぜ赤ちゃんにUVケアをしないといけないのでしょうか。

それは、赤ちゃんの肌が大人の肌に比べてうんと敏感肌だから 。

赤ちゃんは、敏感肌が故に、大人以上に紫外線によるダメージを受けやすいのです。

また、WHO(世界保健機構)からは、

**********

生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びる。18歳未満の日焼けは、大人になってからの皮膚がんや眼のダメージ(特に白内障)発症のリスクを高める

**********

という発表もされています。

世界で一番オゾン層の破壊が進んでいて紫外線量が多いオーストラリアでは、親が幼い子どもに紫外線対策をすることが法律で定められているくらいです。

さらに、子どものうちに紫外線を多く浴びることは、皮膚がんの発症率を高めるだけでなく、大人になってからのシミやシワの原因にもなる と言われています。

日本はオーストラリアより紫外線量が少なく、また肌の色から黄色人は白人ほど紫外線の影響は受けないといわれています。

しかし、ママ・パパ世代が子どもだったころに比べると地球のオゾン層破壊も進んでいて、確実に紫外線量は増えています。

乳幼児期から紫外線対策をすることは、お子様の今だけでなく未来も守ることにつながる ということを覚えておいてください。

●紫外線に注意するのは夏だけじゃない!

紫外線といえば夏のイメージがありますが、実はそれ以外の季節も注意が必要!

**********

紫外線が弱い時期は一年間でも11月から1月の3ヶ月だけ。2月から少しずつ紫外線量が上がっていき、真夏にピークを迎える傾向があるようです

**********

つまり、春から秋にかけては紫外線対策をしておかないといけないということになります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.