子育て情報『水筒もダメ? イベントの“飲食物持ち込み禁止”に法的拘束力はあるか』

2016年8月21日 20:00

水筒もダメ? イベントの“飲食物持ち込み禁止”に法的拘束力はあるか

水筒もダメ? イベントの“飲食物持ち込み禁止”に法的拘束力はあるか

【ママからのご相談】
夫の夏休みに合わせて、2歳と4歳の子どもたちを連れて子ども向けのイベントに行く予定を立てています。

ヒーローショーや飲食ブースなどが充実しており、子どもだけでなく私たち夫婦もとても楽しみにしているのですが、一つ気がかりなことがあります。

前売り券を購入する際、イベント規約を読んだのですが、“飲食物の持ち込みは禁止”とされていました。

真夏に屋外でのイベントなので、熱中症なども怖く、子どもも小さいため、せめて水筒などは持っていきたいのですが、もしも見つかったら没収されたり、罰金などをとられたり、最悪の場合退場させられたりしてしまうのでしょうか?

●A. 規約に違反した場合、罰金を支払う必要はありませんが、最悪の場合退場をさせられる可能性もあります。

ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の篠田恵里香です。

結論として、規約に違反した場合は、最悪の場合退場させられても文句は言えない ことになります。

●イベント規約に違反するとどうなる?

イベントのチケットやパンフレットに小さい文字で記載されている“イベント規約”ですが、そんなのいちいち読まないという方も多いかと思います。

しかしこのイベント規約、原則としてお客さんに対しても法的拘束力がしっかりあります 。

規約に“飲食物持ち込み禁止”と書かれているのにこれを守らなかった場合、基本的にはイベント主催者に対する契約違反ということになります。

法律で「○○に違反した場合には罰金△△円」といった規定がない以上、規約に違反したからといって罰金を徴取されることはありません 。

ただ、お客さんが契約に違反していることは間違いありませんので、イベント主催者側はお客さんに対し、「契約を守れ」と要求できることはもちろん、「イベントに参加させない」と主張することが可能になるわけです。

したがって、主催者側から、飲み物を早急に廃棄するよう要求されたり、場合によってはイベント会場からの退出を迫られる可能性もあるわけです。

●そもそも真夏に“飲食物持ち込み禁止”ってアリなの

イベント規約に“飲食物持ち込み禁止”と定めることがそもそも許されるか、という問題ですが、基本的には合理的理由があれば法律的には許される ということになります。たとえば、「舞台の雰囲気を壊す」「会場を汚してはならない」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.