子育て情報『ウチの子も内村航平に! オリンピック選手の親たちが実践した教育法2例』

2016年9月15日 17:00

ウチの子も内村航平に! オリンピック選手の親たちが実践した教育法2例

ウチの子も内村航平に! オリンピック選手の親たちが実践した教育法2例

【ママからのご相談】
どうもはじめまして、6歳の男子の母です。息子は4歳から体操クラブに通っています。コーチに(リップサービスかもしれませんが……笑)素質があると言われたのもあって、母子ともに夢中で、楽しく通っています。

憧れは何といっても、リオ五輪で個人総合三連覇を果たした内村航平さんなのですが、ちょっとだけ気になることが。

内村さんのお母さんも体操の先生で有名な方みたいですが、たしか某テレビ番組に“息子を溺愛したダメ親”的な感じで出演されていたような……。

スポーツをやるからには、ダメ元でも頂点を目指すことが大切だと思っていますが、子どもに自分の夢を託すようなイタ~い親にもなりたくないんです。そこまでいくと、押しつけですよね?

オリンピック選手のママたちの実態を知りたいところです。

目次1 イタ親イメージは間違い? 意外に“自由”なオリンピック選手子育て法2 オリンピック選手を育てたママたちの教育法2例3 「押し付け」「支配」にならないための絶妙なさじ加減とは?

●A. イタ親イメージは間違い? 意外に“自由”なオリンピック選手子育て法

こんにちは!ライターの月極姫です。

私も内村さんのお母様が出演されていた番組を見ていましたが、育児において後悔している部分も潔く振り返り、語っておられましたね。

間違いはあったにしろ、息子さんが立派な金メダリストに育ったのは紛れもなく事実。あの番組だけで内村流子育てが間違いと決めつけるわけにもいきません。

リオ開幕直前に、『読売新聞社』が出場選手の親106人を対象に行った意識調査の結果が、とても興味深い内容になっています。

「家庭教育で心がけたことは?」という質問に対し、多くの親が「やりたいようにやらせる」「自主性に任せる」など、本人の意思を尊重する子育て をしてきたと回答しています。

男子競泳のメダリスト、萩野公介さんのお母様も『本人の好きなように決めさせ、頑張っていることには協力を惜しまない』とのお答え。

意外にも本人主体の、押しつけがましくない育児法が主流なのでしょうか。

しかし、「自主性に任せる」ことも「協力を惜しまない」ことも言うのは簡単ですが、実際に行動にするには努力と覚悟が必要です。正反対の2例を見てみましょう。

●オリンピック選手を育てたママたちの教育法2例

●ケース(1)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.