子育て情報『不倫にはならない? “パパ活”をする夫と離婚できる可能性と法的問題点』

2016年10月16日 18:00

不倫にはならない? “パパ活”をする夫と離婚できる可能性と法的問題点

不倫にはならない? “パパ活”をする夫と離婚できる可能性と法的問題点

【ママからのご相談】
先日テレビを見ていたら、“パパ活”というものがはやっているという特集をやっていました。

女性がパトロンを探し、いわゆる愛人契約のようなものを結んで男性から毎月お金をもらうことをパパ活といい、 特徴は肉体関係がないことだそうです。

そんなことをテレビで特集しているのにも驚いたのですが、もっと驚いたのは「肉体関係がないから不倫ではない」と言っていたことです。

そんなことをする人ではありませんが、もしも私の夫がパパ活と称して他の女性に毎月お金を渡していたとしたら、私としては絶対に許せないのですが、不倫でないのであれば離婚はできないのでしょうか?

●A. 肉体関係がなくても離婚できる可能性はあります

ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の篠田恵里香です。

今回ご相談のケース、肉体関係がなく不倫とは認められないケースでも、離婚原因になる可能性はあります。

●肉体関係がないと不倫ではない?

法律上の離婚原因とされる“不倫”は、法的には「不貞行為」と言います。

法律上の離婚原因は、民法770条1項に列挙されていますが、1項1号にはズバリ「不貞行為があったこと」が離婚原因として規定されています。

不貞行為は、「既婚者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」 とされています。

このような不貞行為があれば、法律上の離婚原因がありますので裁判上も離婚が認められる可能性が高くなります。

肉体関係がない場合には不貞行為には当たりませんので、民法770条1項1号を理由に離婚を請求することは難しいことになります。

また、“不貞行為”があった場合、仮に夫婦が離婚しなくとも夫や不倫相手に慰謝料請求ができるとされています。

これは「円満な夫婦関係に亀裂を生じさせた」ことが不法行為(民法709条)と評価され、これに基づく損害賠償が可能と考えられるからです。

逆に、肉体関係がない男女の交際関係については、これによっていかに妻が嫌な思いをしようとも、夫婦が離婚するに至らない以上は、基本的に慰謝料請求は難しい と言えます。

過去に大阪地裁で、“肉体関係のない男女の関係”があり、“夫婦も離婚に至らなかったケース”で慰謝料40万円を認めた判決がありましたが、これは極めて異例な判決であり一般化するとはあまり考えられないでしょう。●“パパ活”を理由に離婚ができる可能性

“パパ活”は相手女性と肉体関係がないことが前提ですので、法律上の離婚原因となる“不貞行為”には当たりません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.