子育て情報『汗だくで疲れスッキリ! 経験者に聞く“ホットヨガ”の魅力と注意点』

2017年1月30日 22:00

汗だくで疲れスッキリ! 経験者に聞く“ホットヨガ”の魅力と注意点

汗だくで疲れスッキリ! 経験者に聞く“ホットヨガ”の魅力と注意点

毎日頑張るママたちの体は、今日も悲鳴を上げています。

長時間の抱っこに立ち仕事で脚はパンパン、腰はバキバキ。デスクワークで肩はゴリゴリ。気休めのスマホゲームだって、やりすぎると首や目に大きな負担をかけてしまいますよね。

また、出産をはさんで体質や体型が大きく変わったママたちも多いはず。痩せにくくなった、むくみやすくなった、下半身のお肉が気になる……といった声はよく耳にします。

そんな体の不調。マッサージに通っても、こまめにストレッチをしても解消できないなら、ホットヨガはいかがでしょうか 。

何となくとっつきにくいと感じている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

今回は、ヨガをたしなむ女性“ヨギーニ”たちに、ホットヨガの魅力や注意点を語ってもらいました!

●専門スタジオ、トレーニングジム……あなたはどこに通う?

さて、ヨギーニの皆さんはホットヨガをどこで行っているのでしょうか?

『専門のスタジオに通っています。ウェアやタオルなどは全てレンタルできるので、ふと思い立ったときに手ぶらで行けるのがイイですね。長く続けるために最も重要なのは、“手軽さ”。レッスン内容だけでなく、スタジオの場所や開館時間帯を重視して選びましょう』(30代女性/ホットヨガ歴2年)

『通常のヨガやマシントレーニングよりも体への負荷が大きいホットヨガ。体調によってはレッスンを避けたほうがいいこともありますよね。私はマシン併設の大手トレーニングジムに登録しました。ホットヨガがキツそうだなというときでも、プールやウォーキングマシンなどで運動できます。コスパの面では専門スタジオよりも優秀じゃないかな』(20代女性/ホットヨガ歴1年半)

というように、ジムやスタジオに通っているという声が大半でした。

しかし調査を重ねていくうちに、驚きの事実が!なんと、自宅でホットヨガをたしなんでいるツワモノたちがいるというのです。

『時間もお金もないから、ウチのお風呂でやってます 。子どもを寝かしつけたあと、のんびり湯船につかりながら、深く呼吸してポージング。照明は落とし、オリエンタルな香りの入浴剤を使うと更に気分が出ます。ネット上にはお風呂ヨガの動画がたくさんありますよ』(40代女性/ホットヨガ歴4年)
●第一は水分補給! ホットヨガをするときの注意点

スタジオにしてもお風呂にしても、高温・多湿な環境であることに変わりはありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.