子育て情報『運動神経は存在しない? 運動能力を良くするためのポイントを解説』

2021年5月20日 12:00

運動神経は存在しない? 運動能力を良くするためのポイントを解説

目次

・運動神経に良いも悪いもない
・運動が得意な子と苦手な子の違い
・運動能力の向上にはさまざまな運動経験を積むことが大切
・運動能力向上のポイント
・良い姿勢を意識する
・平衡・リズム・定位
・まとめ
運動神経は存在しない? 運動能力を良くするためのポイントを解説


サッカーを始めとしたスポーツをしていると「うちの子は運動神経が悪い」「スポーツをやっていた母親の遺伝で運動神経が良い」といった話を聞くことも少なくないでしょう。しかし、実際には運動神経という神経は存在しません。この記事では、運動神経がいいとはどういうことなのか、運動能力を鍛えるためにはどうすればいいのかポイントを解説します。

運動神経に良いも悪いもない

運動神経は存在しない? 運動能力を良くするためのポイントを解説


チームに所属していると「運動神経が良い」「運動神経が悪い」といった言葉を聞くことが少なくないでしょう。運動神経という言葉は、私たちにとって一般的なものとなっていますが、実はそのような神経はありません。そのため、運動神経には良いも悪いもないのです。

運動が得意な子と苦手な子の違い

運動神経と呼ばれる神経はありませんが、運動が得意な子と苦手な子が存在するのは事実です。このような違いが生まれる背景には、子どもたちの運動体験の差が挙げられます。

運動が得意な子ども、苦手としない子どもは、幼いころから遊びなどを通して体力や身体の動かし方を身につけており、運動も上手に行うことができます。

一方で、運動体験が少ない子どもは身体を動かすこと自体に慣れておらず、運動もうまく行えません。特に近年は外で遊ぶ機会が少なくなっており、遊びなどを通した運動体験を十分に積めていない子どもが多く、運動が苦手な子も多く存在すると考えられます。

運動能力の向上にはさまざまな運動経験を積むことが大切

運動神経は存在しない? 運動能力を良くするためのポイントを解説


運動能力は、生まれつきの遺伝が関係している部分もありますがが、遺伝で全てが決まるわけではありません。自分自身で運動経験を積むことで向上する可能性は大いにあります。大切なのは、ベースとなる運動体験を積み、体力や運動能力の向上を図ることです。

もしサッカーの上達を目指すのであっても、サッカーだけをするのではなくさまざまな遊びやスポーツを通して、いろいろな形で身体を動かすことが重要です。そのため、サッカーばかりをするのではなく、時には外で遊び、時には他のスポーツに取り組んでみるなど、さまざまなことに取り組んでみてください。

運動能力向上のポイント

運動神経は存在しない? 運動能力を良くするためのポイントを解説


ここでは、運動能力を向上させる際のポイントについて解説します。基本的な部分であるため、ぜひ参考にしてみてください。

良い姿勢を意識する

運動能力を高めたい場合、良い姿勢を意識することが重要です。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.