子育て情報『乳幼児の肌を守ろう(3)お風呂でのスキンケア』

2018年5月23日 20:00

乳幼児の肌を守ろう(3)お風呂でのスキンケア

全身には、さらっとしたローションタイプの保湿剤、顔や手足には、油分の多いクリームタイプの保湿剤を塗るのがおすすめです。

ママからの質問 乳児脂漏性湿疹のときの、お風呂の入れ方は?

乳幼児の肌を守ろう(3)お風呂でのスキンケア


生後1~2か月くらいは皮脂が多いため、頭や顔に赤いブツブツやかさぶたができることがあります。この乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)は、丁寧に洗って保湿をすることで悪化を防ぐことができます。

乳幼児の肌を守ろう(3)お風呂でのスキンケア


頭についた分厚いかさぶたは、お風呂に入る30分くらい前に、ベビーオイルをコットンにたっぷり含ませて、かさぶたの上につけて十分ふやかします。その後、自然に落ちる部分だけを洗い流します。かさぶたを無理に取ると、かえって炎症を起こして悪化するので注意しましょう。

お風呂上がりには、処方された薬を炎症のある場所に塗ってください。

スキンケアのポイント

乳幼児の肌を守ろう(3)お風呂でのスキンケア


乳幼児のスキンケアで、大切なポイントは2つです。こすらず丁寧に洗うこと。そして、そのあとしっかり保湿することです。

これらのことを意識するように心がけてくださいね。

同じ週に放送された番組記事

(月)乳幼児の肌を守ろう(1)口まわりのスキンケア(火)乳幼児の肌を守ろう(2)おしりのスキンケア(水)乳幼児の肌を守ろう(3)お風呂でのスキンケア(木)乳幼児の肌を守ろう(4)お出かけ時のスキンケア
まいにちスクスクの番組ロゴ
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.