出産は十人十色。思わずグッとくる、ママたちの共感の声・みんなのエピソード

2018年1月3日 21:00
 


【出産あるあるイラスト】「お産の記憶」 by あやせまいさん

お子さんの出産には、みなさんそれぞれに思い出がおありのことと思います。すくコムでは、過去にみなさまに出産についてのアンケートを実施し、お寄せいただいたエピソードを記事として公開させていただきました。

これらの記事を読んで「涙が出た」「初心に返ることができた」などのご感想とともに、多くの方がさらにご自身のエピソードも寄せてくださいましたので、ピックアップしてご紹介します。

話題にしているのは こちらの記事!


パパの涙、母への感謝の気持ち・・・ 忘れられない感動の出産エピソード 〜 2,616人が回答した出産についてのアンケートより〜

お兄ちゃんになった

出産が怖い、見たく無いと言っていた当時まだ甘えた盛りの3歳の息子。 産まれてすぐ、分娩室に入ってきて、「ママ、頑張ったね」と、言ってくれた顔は、お兄ちゃんになったとても優しい顔だった事が忘れられません。

 

初めて見るパパの姿

うちの旦那はあまり感情を表にだしたり言葉にするのは苦手です。悪い人じゃないんですが(笑)なので赤ちゃんとどう関わってくれるのか心配してました。そしていざ出産!産まれた娘を抱っこしながら私に「人生でこんなに幸せな日があるんだね!ホントにありがとう」っと言ってくれました!旦那のそんな姿を初めて見たのでホントに娘を産んでよかったなっと思いました。

 

サプライズ

一人目を出産する時、その様子を陣痛中から主人が撮っていたのですが、結局緊急帝王切開に。私はそこでビデオが終わっていると思っていました。 産後にカメラを確認したら、手術が終わり私が眠っている間にベッドの隣で、自分を撮って私に対して感謝の言葉とお疲れ様という労いが録画されていました。そんな事をしているなんて知らずに見た私は思わず泣いてしまいました。主人は恥ずかしいので気づかなかったら、そのまま言わずにいるつもりだったそうです。

 

お待たせしました

立ち会いは怖くてできないけど、生まれてすぐに我が子に対面したい!と思ってたパパは、陣痛が来た夜の次の日の仕事を休み、一緒に病院へ…。陣痛は来るものの、なかなか子宮口が開かず苦戦し、夜中に襲われる陣痛に、目を覚まして腰を押してくれたりしていたにも関わらず、夜が明けた時も生まれてこなくて、パパは仕事に行かざるをえず…。 眠い目を擦りながらパパが出勤してから、ほどなくして長女が生まれました…。なので、感動の瞬間を時間差で味わうことに…。 そして、二人目の時には今度こそ、生まれた直後に…と意気込んでいました。長女がいるために泊まることができないので、病院の面会時間までギリギリ粘りましたが結局、生まれず、長女と帰って40分ほどして次女が生まれ、二人とも時間差での対面となったパパでした…。

 

パパの反省

子どもが2人います。1人目の出産時には『予定日なんて目安でしょ?どーせ過ぎるんだから』なんて言って出張を決めてきた夫。結局、予定日前に帝王切開をすることとなり、帰宅が間に合いませんでした。会えたのは出産から4日後!! さすがに反省し、子育てにも協力的。すぐできた2人目の出産時にはずっとそばに居てくれました。『こんなに嬉しいことを、俺は見過ごしていたのか。本当に悪かった』と、泣いて生まれたての2人目を抱っこしてくれたときに、ホッとしたような嬉しいような気分になりました。分かり合える気持ち、運んできてくれた娘息子に感謝しています。

 

新生児


 

いつか娘に話したい

予定日より1週間が過ぎたので入院し、陣痛促進剤を毎日入れて陣痛と闘った妻。 妻は帝王切開で産まれ、そのことを子どものころからずっと負い目に感じていたのです。我が子にはそんな風に思ってほしくないからと、自然分娩を強く希望していました。しかし陣痛促進剤を投与して6日目がリミットでした。子宮口がまったく開かなかったのです。緊急帝王切開手術です。私には泣いている妻の肩を抱いて、「お腹の子がその産まれ方を選んだんだよ」としか言えませんでした。 しかし産まれてきた娘の姿を見たら、どうしてそこまで自然分娩にこだわったのかと。 私は6日間陣痛と闘った妻の姿を見ています。いつか娘に、その6日間のママのことを話したいです。陣痛に耐える妻、出産後の晴れやかな妻、世界一美しい妻と夫婦になれて、自分が幸せだと思いました。 帝王切開翌日の傷口の痛みにもだえ、蟹股で病院内を歩く妻の姿がなんだかおかしくて、陰でこそこそ笑っていたのは内緒です。今月、娘は2歳になります。

 

感謝の毎日

やっとの思いで妊娠ができたのに、妊娠5ヶ月で前期破水し、妊娠が継続できるかどうかは治療できるものではなく、ただ安静にしてその時を待つだけ。その毎日は色のない世界で過ごしているようでした。 祈ることしかできずに過ごす日々、主人の支えと、赤ちゃんの頑張りで妊娠継続!お腹の中が心地よかったのか、予定日を過ぎての出産でした。妊娠前、妊娠中、出産、産後と主人はもちろん両方の両親のサポートがあり、子どももすくすくと成長してくれています。 まわりのみんな、そして私たちのところへ産まれてきてくれた子どもに感謝の毎日です。

 

不安に思っているお母さんへ

私は体質性高血圧で30週2日1,477gの男の子を出産しました。約2ヶ月の入院をしてやっと一緒に過ごせるようになりました。今月で2歳半になる息子は成長も追い付き後遺症もなくとっても元気です。好き嫌いなく何でもたくさん食べ、たくさん寝て、たくさん遊んでまわりもビックリするくらい元気一杯の男の子になりました。 出産は人それぞれ時に何が起きるかわかりませんが…ちっちゃく産まれた赤ちゃんに不安に思っているお母さんや、早く生んだことに罪悪感になっているお母さんに我が息子のように元気一杯の子に成長している子がたくさんいることを知って、笑顔で子育てをしてもらえたらと思います。

 

そばにいる

子どもができなくて悩んでいた矢先、実母が末期ガンとわかりました。結局、母が他界したあと、我が子を授かり、なんとも言えない虚しい気持ちになりました。 しかし、なんと母の誕生日に娘が誕生。生まれた時刻は私が生まれたのとほぼ同時刻。主人と泣きながら、我が子を抱いたことを覚えています。 母はいませんが、母がそばにいるようで、娘を見るたび心強く思っています。

 

母への感謝が溢れる日々

二回出産をしてますが、初めての出産の時はこの世のすべてのお母さんを尊敬した瞬間でした。そして長ーい思春期、母に反抗してきた態度に反省。産んでくれてありがとう、と初めて母に言うことが出来ました。私もこうやって両親に愛されて大きくなったんだなぁと、いま二人子供を育てながら両親が当時私と弟に注いでもらった愛情を重ね合わせて育児しています。 出産するごとに母への感謝が溢れる日々。育児に悩んで相談してもそんなこと忘れちゃったよーって言う母は必死に私たち姉弟を育ててくれたんだなぁ。。世界中のお母さん、毎日お疲れ様!可愛い我が子のため、子育て頑張りましょう!

 

▼こちらの記事も併せてご覧ください。

妊娠中に赤ちゃんの性別を質問した?出産予定日より早かった or 遅かった?〜 2,616人が回答した出産についてのアンケートより〜


無痛分娩?出産に立ち会いは?みんなはどうしてる? 〜 2,616人が回答した出産についてのアンケートより〜


今だから笑える 出産立ち会いエピソード 〜 2,616人が回答した出産についてのアンケートより〜


鼻からスイカって本当だった?陣痛や出産の “痛み” ってこんな感じ! 〜 2,616人が回答した出産についてのアンケートより〜


いとうまゆさん 特別インタビュー* 思いがけない早産でママになって1ヶ月 ただいま、おっぱいに苦戦中!

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.