子育て情報『子どもの「好き」を、親としてどう導いてあげればいい?』

子どもの「好き」を、親としてどう導いてあげればいい?

2018年4月15日 06:28
 

息子はピアノが大好きです。趣味で弾いていた私のピアノをまねたのがはじまりで、それから毎日のように弾いています。ほかに好きなこともあまりないので、できるだけ可能性を伸ばしてあげたいと思い、ピアノの先生にみてもらうようになりました。この道でがんばるなら私が引っ張って専門性を持たせたほうがいいのか、本人が専門的にやりたいと言ってからがいいのか、親としてどう導いてあげればいいのか悩んでいます。(5歳の男の子と5か月の女の子をもつママより)

大好きな人が楽しそうにしているとやりたくなる

井桁容子さん

回答:井桁容子さんまず、ママが楽しそうに弾いていたことがきっかけになっていることがとても大事です。自分が大好きな人が楽しそうにやっていることは、自分でもやりたくなるんです。どれだけママのことが大好きなのかがわかりますね。今後も、ママが大好きだなと思うことが広がっていくと、お子さんの可能性も広がると思います。

今の時点で道を決めなくてもいい

井桁容子さん

回答:井桁容子さん寝ても覚めてもピアノのことが大好きで、目覚めるとすぐにピアノを弾きたがるぐらいであれば、満足するまでピアノを弾ける環境があってもいいと思います。ですが、今の時点で専門的にピアノをするという道だけを深めていこうと決めなくてもいいと思います。

後ろから応援するスタンスで

汐見稔幸さん

回答:汐見稔幸さんピアノのプロになるのか、ならないのか、どちらかひとつと考えないほうがよいと思います。自分なりにピアノを楽しめる人生もとても豊かな人生です。だから、無理に引っ張っていくのではなく、後ろから見守ってあげましょう。「もっとできるかもしれない」と思ったら、レッスンのレベルを上げてあげたり、「そうでもないな」と思えば、厳しく要求することはせずに楽しむことを考えたり、あまり道を決めつけないで、様子を見ながら後ろから応援していく。そのようなスタンスがよいのではないかと思います。それに、ママのまねからはじめて、自分でもっと弾いてみたいと思えることはすごいことだと感心しました。何かを見つけたら、自分からやっていけるタイプのお子さんです。将来、ピアノとは違うことで、誰かが楽しそうにやっていて、自分もやってみたいと思うことができる可能性もあるかもしれませんよ。外遊びばかりさせていたせいなのか、工作が苦手です。家の中で絵を描いたり工作したりを積極的にやってこなかったからでしょうか。

外遊びは原因にならない

井桁容子さん

回答:井桁容子さん机の上ではさみやのりを使っていなくても、外遊びで木の実を拾ったり小枝を折ってみたりして、指先をたくさん使っていると思います。ですので、外遊びが原因というわけではないと思います。むしろ、自然のもののほうが、いろいろな形があるので、扱うことが難しいはずなんです。

自分に合っているものは自分でやるようになる

汐見稔幸さん

回答:汐見稔幸さんひとりの子に、あれもこれもと考えないほうがよいと思います。この年齢でも向き不向きがあります。自分に合っているものであれば何歳になってもやりたければやる、興味関心がなければ環境をつくってあげてもおそらくやらない。だから、今は“自分に合ったものが見つかったんだ”ということでよいのではないでしょうか。

この内容が放送された「すくすく子育て」の番組記事を読む

子どもが習い事を本当に楽しんでいるのかわからない…

やりたくないという子どもの気持ち、どう理解したらいい?

砂遊びや積み木崩しで、子どもの可能性を見出すことはできる?

すくすくポイント

小学6年生著の「文房具図鑑」に親はどう関わった?

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.