子育て情報『ワンオペ育児について、私たちがいま思うこと【後編】〜 現状打開アイデア・みんなのエピソード紹介 〜』

ワンオペ育児について、私たちがいま思うこと【後編】〜 現状打開アイデア・みんなのエピソード紹介 〜

2018年6月8日 21:00
 

目次

・話題にしているのは こちらの記事!
・「ワンオペ育児」対策!こんな工夫をしています
・お父さんの役割を明確に決める
・交換日記をしています
・夫婦のコミュニケーションを大切に
・外とのつながりを探しました
・生活家電に頼ってみる
・あきらめることで気持ちが楽に
・ワンオペ育児も悪くない!
・ところが…新たな悩みも
・私も仕事をしたいけれど…
・2人目、3人目を迷ってしまう
anke_oneope2


何らかの理由で1人で家事、育児、仕事の全てをこなさなければならない状態を指す「ワンオペ育児」。読者のみなさん中にも、他人事ではない、という方も多いのではないでしょうか。

すくコムでも、これまで何度か、ワンオペ育児について取り上げて紹介しています。中でも、ワンオペ育児の大きな原因のひとつ「日本社会の長時間労働」の問題についての記事には、多くのご意見・ご感想が寄せられることとなりました。

今回はみなさんから頂いた「ワンオペ育児」に関する、共感の声とエピソードをご紹介します。後編では、ワンオペ育児打開のために、みなさんがご家庭で心がけていること、対策のアイデアなどをまとめます。家族みんなでこの問題を考えるきっかけとなれば幸いです。

話題にしているのは こちらの記事!

thumbnail_170422_p01

労働時間から見る、ママのワンオペ育児の背景

「ワンオペ育児」対策!こんな工夫をしています

お父さんの役割を明確に決める

主人の休みが基本週1、朝から夜まできっちりの仕事のため、週6は私と子どもという状態。もっと家にいる時間を増やしてほしいという話しからケンカになることもしばしばあったけど、主人に子育てにおいての最低限の役割を約束してもらい、どんなに疲れていても毎日子どもをお風呂にいれることだけは主人と決めて習慣化させました。「お父さん」としての確実な役割を意識してもらうことで、子どもに対する愛着が日に日に強くなり、主人が自発的に仕事に対する姿勢を見直してくれ、平日は早めに帰って来てくれることに繋がりました。その主人の変化を見て、自分の育児負担が極端に減ったわけではないけど、心に余裕ができました。

交換日記をしています

転勤族で夫婦共に実家が遠いうえ、夫は子どもたちが寝た後に帰ってくるのでほとんどワンオペ育児です。夫も休日は手伝ってくれるのですが朝のバタバタする時間など大変な時に手伝ってくれないイライラがつのり、感情が爆発してしまったことがありました。その時は話し合いで解決しましたが、お互いの気持ちを話したり感謝の気持ちを伝えないといけないと思い、最近は私が子どもと寝おちしてしまうことも多いのもあり、子どもの様子を知らせたり、して欲しいことや感謝の気持ちを伝える交換日記のようなものを始めました。 

夫婦のコミュニケーションを大切に

うちの主人も帰宅時間が遅く、休みも週一なので、子どもと触れあう時間が少ないです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.