子育て情報『「水」「食料」「意識」…子育て家族の「災害への備え」大丈夫?』

2018年9月1日 19:00

「水」「食料」「意識」…子育て家族の「災害への備え」大丈夫?

毎年9月1日は「防災の日」です。

9月1日が1923年に関東大震災が発生した日であるとともに、台風が多い時期でもあることから、「広く国民が台風、高潮、津波、地震などの災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」ことをねらいとして、1960年に制定されました。今回すくコムでは、育児情報番組「すくすく子育て」「まいにちスクスク」から、災害時への備え」にまつわる情報をまとめました。

目次

・災害発生前にしておく備え
・ママバッグに防災グッズをプラス
・背負って逃げる防災リュックを準備しよう!
・飲料水の備蓄量は?
・生活用水は地域の情報収集を
・飲むだけではない水の効果
・冷蔵庫の食料が強い味方に
・小さくて栄養価の高いものを用意
・備蓄する食べ物は「子どもが好むか」も大切
・これを備蓄しておけば便利!
・缶詰
・乾物
・その他
・意識の備え
・住んでいるエリアの危険を知ろう!
・わが家を安全な場所にしよう!
・家族で約束しておこう!
・避難所を確認しておこう


いつ起こるかわからない災害に備えて、いま一度、ご家庭での確認をしておきましょう。

災害発生前にしておく備え

ママバッグに防災グッズをプラス

「水」「食料」「意識」…子育て家族の「災害への備え」大丈夫?


・簡易携帯トイレ・除菌シート・ホイッスル・小型LEDライト・飲料水、または水筒・生理用品・マスク(大人用・子ども用)・子ども用爪切り・ミルク、ベビーフード、おやつ(少し多めに)※ママのための防災ブック「その時ママがすることは?」より

この他に、母子手帳や健康保険証などの重要書類のコピー、大事な電話番号は紙に書いて持っておきましょう。

背負って逃げる防災リュックを準備しよう!

「水」「食料」「意識」…子育て家族の「災害への備え」大丈夫?


女性が持てる重量はおよそ10キロです。避難のときなど、赤ちゃんが4キロであれば、あと6キロしか持てません。ですので、防災リュックの中身は厳選したほうがよいでしょう。例えば、よく食べるお子さんがいるのであれば食料品が多くなるでしょう。ママが汚いことが嫌いであれば、除菌シートなどが役立ちます。「家族が安心して数日間暮らせる物」という視点で、準備を進めてください。

・すく食べられる食品・飲料水・割りばし、紙皿、紙コップ・小型ラジオと電池・小型LEDライト・筆記用具・ガムテープ・トイレットペーパー・簡易携帯トイレ・マスク(大人用・子ども用)・マウスウォッシュ・洗眼薬・レジ袋、ゴミ袋・ラップ・携帯充電器・お札、小銭・重要書類コピー・ブランケット・除菌シート・ライター、ティッシュ、絆創膏、ハサミ、ナイフ(まとめて)・ブルーシート・軍手、ゴム手袋・使い捨て下着・タオル・帽子※ママのための防災ブック「その時ママがすることは?」より

【自宅の備え】

飲料水の備蓄量は?

大人は体の60%、子どもは70%が水分です。被災時もしっかり水分補給をして脱水症状を防ぎましょう。飲料水の備蓄に望ましいのは市販のミネラルウォーター。1日1人3リットルを、最低3日分保存しておくようにしましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.