子育て情報『【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!』

2018年10月28日 06:25

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!

山根良顕のパパ修業


パパにやってほしい!というママの願いをかなえる「山根良顕のパパ修業」のコーナー。今回は、「子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい」というお願いです。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


長男は虫が大好きです。でも、1時間以上も虫を追いかけて家に帰らないので大変。休日に長男と一緒に虫を捕りに行ってもらえるようなパパになってくれるとうれしいです。(4歳と1歳1か月の男の子をもつママより)

ということで、今回のパパ修業のテーマは「虫の捕り方」。虫が苦手なパパが、子どもとママのために頑張ります!

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


先生は西山真樹さん(足立区生物園 解説員)。ふだんは子どもたちに虫などに関してさまざまなことを教えているそうです。今回は3種類の虫の捕り方・飼い方を教えていただきます。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


さっそくたくさんの虫がいる、草や木が生い茂る河川敷へ行きましょう。

初級編 ダンゴムシの捕り方

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


最初の初級編は、子どもに人気のある「ダンゴムシ」です。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


ダンゴムシは湿気がある場所を好みます。石の下や草の下など、ダンゴムシが隠れられるところを探してみましょう。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


草の下を探していると、コガネムシの幼虫やハサミ虫など、いろいろな虫が出てきます。まるで虫たちの楽園ですね。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


ダンゴムシは木の根元の草の下でたくさん見つけることができました。探しはじめてからたった5分で、10匹のダンゴムシを捕まえました。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


虫が苦手なパパも、ダンゴムシなら触ることができました。

ダンゴムシを飼ってみよう

ダンゴムシは家で飼うこともできます。虫を飼うことで、子どもと一緒に観察することができます。新しい発見がきっとありますよ。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


飼うために必要なものは、飼育ケース、土、落ち葉、石などです。土は、虫を捕まえた場所の土や、昆虫飼育用の土を使います。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


飼育ケースは、表面がつるつるとしたプラスチック容器でも大丈夫です。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


ケースに土を入れて、虫の隠れ家になる落ち葉や石を置いてあげれば飼育スペースの完成です。ここに捕まえたダンゴムシを入れてあげます。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


ダンゴムシは湿った場所が好きなので、1日に1回霧吹きで土を湿らせます。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


エサは、にんじんなどの野菜や煮干をあげましょう。

【山根良顕のパパ修業】虫の捕り方~子どもと虫を捕りに行くパパになってほしい!


土に直接エサを置くとカビが生えることがあるので、ペットボトルのふたをエサ置き場にするのがおすすめです。また、ダンゴムシのフンは土になるので、フンの掃除は必要ありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.