子育て情報『蒙古斑(もうこはん)ってそもそもなに? 治療は必要?』

2018年11月11日 06:28

蒙古斑(もうこはん)ってそもそもなに? 治療は必要?

息子の背中に大人のこぶしくらいの大きさの濃い蒙古斑があります。治療したほうがよいのでしょうか?(1歳9か月の男の子をもつママより)

6か月になる娘の腕と足首に蒙古斑があります。生後2か月のときには、病院で早めにレーザー治療したほうがよいと言われました。蒙古斑は自然に消えるという医師もいれば、レーザー治療が必要という医師もいて悩んでいます。(6か月の女の子をもつママより)

長女の腰のあたりと、次女のお尻全体と肩に蒙古斑があります。そもそも蒙古斑とはどういうもので、いつごろ消えるのか知りたいです。(4歳と1歳の女の子をもつママとパパより)

蒙古斑はメラニン色素を持った細胞が透けて見えたもの。成長とともに薄くなる

榊原洋一さん

回答:榊原洋一さん人間の皮膚にはメラニン色素を作る細胞があります。これは生まれつき持っているものです。白人にはあまりみられませんが、アジア系やアフリカ系の人にはよくみられます。この色素を持った細胞が透けて見えたものが蒙古斑です。蒙古斑はお尻にできることが多いですが、背中、首筋、手、手首、足首にできることもあります。ほとんどの場合、蒙古斑は成長とともに薄くなっていきます。身体が大きくなり、皮膚の細胞も新陳代謝を繰り返す中で、だんだん蒙古斑が目立たなくなっていくのです。大人になると、日焼けなどもするので、さらに目立たなくなっていきます。

一般的にはレーザー治療の必要はない

榊原洋一さん

回答:榊原洋一さん蒙古斑は、レーザー治療で早く消すこともできます。ただ、だんだんと薄くなっていくので、一般的には治療の必要はありません。

長女が生後1か月のとき、足の付け根に蒙古斑とは違う赤いあざのようなものができました。生まれたときにはなかったあざです。4歳になった今も残っています。治療するべきなのでしょうか。(4歳と1歳の女の子をもつママとパパより)

赤いあざは血管腫。気になるようならレーザー治療も

榊原洋一さん

回答:榊原洋一さん赤いあざは「血管腫(けっかんしゅ)」と言います。皮下の良性の増殖血管による赤い発疹です。蒙古斑とは別のもので、その多くは消えませんが、治療しなくてはいけないものではありません。あざが気になるようであれば、レーザー治療で消すこともできますが、お子さんの年齢やあざの場所などを考慮して、治療を考えてください。お子さんが大きくなって、あざが目立つ場所にあり、気になるのであれば、皮膚科に相談してみましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.