子育て情報『感染症にかかったとき、どうお世話すればいいの?』

2018年12月9日 06:28

感染症にかかったとき、どうお世話すればいいの?

息子がちょうど1歳のとき、40度を超える熱が出ました。はじめての高熱で、何を食べさせてよいかもわからず、ネットでいろいろと調べていました。高熱は3日以上続き、大きな病院で診てもらうとアデノウイルスに感染していることがわかり、熱が下がるまでは10日ほどかかりました。今後、感染症になったときのために、どうお世話をすればいいのか知っておきたいです。(1歳5か月の男の子をもつママより)

まずはつらい症状を和らげる

草川功さん

回答:草川功さん感染症にはさまざまな症状があります。その中で、お子さんにとっていちばんつらい症状は何かをみてください。まずは、その症状を和らげて、子どものつらさを軽くしてあげましょう。

感染症には発熱、せき、おう吐・下痢とった症状がありますが、どうケアすればよいでしょうか?

発熱のケア

日沼千尋さん

回答:日沼千尋さん子どもの熱が上がっているとき、悪寒があり手足が冷たいうちは、体を温めてあげましょう。熱が上がりきったら、室温を下げ、薄着にして体を冷やしてあげます。わきの下、首、足の付け根を冷やすと効果的です。また、脱水症状にならないように、少しずつ水分を補給しましょう。水、お茶、赤ちゃん用のイオン飲料などをあげてください。お風呂に入れる場合は、熱が高くないタイミングをみて、さっとシャワーを浴びるようにしてください。このとき、体を温めるのではなく、汚れを落とすことを目的としてください。

せきがひどいときのケア

日沼千尋さん

回答:日沼千尋さんせきがひどいときは、たんを出しやすくするために、水分を補給して部屋を加湿します。赤ちゃんが苦しそうな場合は、縦に抱っこしてあげましょう。赤ちゃんは体に比べておなかの臓器が大きいので、立ててあげると横隔膜が下がり、呼吸が楽になるのです。

おう吐・下痢のホームケア

日沼千尋さん

回答:日沼千尋さん吐き気がおさまってきたら、脱水症状を防ぐために少しずつ水分を補給します。水分補給は、スプーン1杯からが目安です。食欲が出てきたら、下痢の状態をみながら、軟らかいものを少しずつあげましょう。離乳食の場合は、ひとつ前の段階に戻します。

子どもの元気がなく食欲が落ちている場合は、どう対処すればよいでしょう。

「これだけは食べられる」ものがあるとよい

日沼千尋さん

回答:日沼千尋さん子どもに食欲がないときは、のどごしがよく、軟らかくて食べやすいものから食べさせてあげます。ふだんから、「元気がないときでもこれだけは食べてくれる」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.