子育て情報『【すくすくまとめ】赤ちゃん・子どもの”耳”のケア』

2019年2月13日 19:00

【すくすくまとめ】赤ちゃん・子どもの”耳”のケア

目次

・子どもの耳掃除・正しいやり方は?
・耳のトラブルを防ぐには?
子どもの耳


子どもの小さな耳。お手入れしづらくて困ったり、病気の見分け方が分からなかったりして悩んだことはありませんか?今回は、育児情報番組「まいにちスクスク」でご紹介した、子どもの耳のケア方法をまとめました。

専門家守本 倫子(国立成育医療研究センター 耳鼻咽喉科医長)

子どもの耳掃除・正しいやり方は?

▼耳掃除の頻度子どもの耳の中の皮膚は、薄く、とても傷つきやすいため、耳掃除のしすぎは、かえってトラブルのもとになります。また、耳あかは、むやみやたらに取り除いた方がいいものではありません。耳のお手入れは、月に1回から2回で十分です。優しく丁寧に行いましょう。

▼耳あかは耳を守るバリア役耳あかは、耳の穴を守るバリアの役割があります。耳掃除をしすぎると、かえって耳の穴を傷つけてしまいます。耳あかは、皮膚の表面にある細かな毛の働きで、自然に耳の奥から外へと押し出されていきます。そのため、耳掃除は、入り口付近に見える耳あかを取るだけでいいのです。

14138793


▼ベビー用綿棒を使った耳掃除こどもの耳掃除には、ベビー用綿棒を使用してください。子どもの小さな耳の穴にも入りやすく、皮膚を傷つけにくいため、子どもの耳掃除に最適です。

(1)綿棒は鉛筆を持つようにして、下図のように軸の真ん中あたりを持つ。このように持つと、指が邪魔にならず、耳の中がよく見えるようになります。万が一、子どもが動いても、耳の奥まで綿棒が入り過ぎないため、安心です。

【すくすくまとめ】赤ちゃん・子どもの”耳”のケア


(2)子どもの頭をしっかり押さえ、耳たぶを少し引っ張る。誰かに手伝ってもらうなどして、子どもの頭をしっかりと固定しましょう。

【すくすくまとめ】赤ちゃん・子どもの”耳”のケア

【すくすくまとめ】赤ちゃん・子どもの”耳”のケア


(3)耳の入り口をぬぐう汚れが見える部分だけを1~2回、くるっと綿棒を回転させるようにして、優しくぬぐい取りましょう。

【すくすくまとめ】赤ちゃん・子どもの”耳”のケア

※カサカサした粉っぽい耳あかの場合には、綿棒にベビーオイルやワセリンなどを薄く塗ると、耳あかが取りやすくなります。▼耳掃除の注意点(1)奥まで綿棒や耳かきを入れないまずは、決して奥まで綿棒や耳かきを入れないようにしましょう。(2)子どもに言い聞かせるお話がわかる子どもには、「じっとしててね」などのように、頭を動かさないように言い聞かせましょう。誰かに子どもの体を押さえてもらい、一緒にお掃除してもいいですね。(3)耳掃除中は周囲の状況を確認耳掃除中に、きょうだいが遊んでいてぶつかったりする事故も起きています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.