子育て情報『【すくすくまとめ】子どもに伝わる”言い換え術”』

2019年2月26日 19:00

【すくすくまとめ】子どもに伝わる”言い換え術”

目次

・片付けのとき…「早くしなさい!」
・ごはんのとき…「ちゃんと食べないと大きくなれないわよ!」
・ごはんのとき…「せっかく作ったのに食べてくれないと悲しいな」
・友だちと一緒のとき…「『ごめんなさい』は?」「『ありがとう』でしょ?」
・電車の中で…「いい子にしてて!」
matome_iikae


子どもが、なかなか言うことを聞いてくれないとき、カッとしたり、イライラしたりすると思わず出てしまう言葉ってありますよね。でも、いまいち伝わっていないような…?そんなとき、子どもの心に響く声がけのヒントを育児情報番組「まいにちスクスク」でご紹介した内容からまとめました。

専門家:井桁 容子(保育士)「早くしなさい」「ちゃんと食べないと大きくなれないわよ」といった、普段子どもに対して何気なく使ってしまう言葉。しっかりと子どもに伝わっているのでしょうか。今回は、言葉を理解できるようになった3歳前後の子どもによく伝わる「子育てコトバ」を考えます。

片付けのとき…「早くしなさい!」

子どもに散らかしたおもちゃの片付けを促しても、なかなか片付けてくれないときに言ってしまう言葉ですよね。これは、日本のママが一番よく言ってしまう言葉です。

<言い換え術>先を見通せ、具体的な映像が見える言葉がけを。子どもが次の行動を起こしやすくなります。

「片付けが出来たら、次はおいしいごはんを食べようね」「お片づけが終ったら公園に行こうね。どんなお花が咲いているだろうね」「時計の針が6のところにきたら、ごはんができるから、それまでに片付けてね」

時間がかかっても、子どもが片付けの本当の意味を理解することが大切です。「片付けておくと次に使いやすいよね」と、具体的に伝えることを心がけたり、「おもちゃが大切なモノ」であることをきちんと伝えたりしてあげましょう。

ごはんのとき…「ちゃんと食べないと大きくなれないわよ!」

子どもがご飯を食べ進めてくれないときに、言ってしまう言葉ですよね。

<言い換え術>食べないことに対して、「心配している」というママの気持ちを伝えてあげましょう。

「いっぱい食べたら、パパみたいに大きくなれるよ、楽しみだね」「お熱が出たりしたときに、食べたにんじんさんが応援してくれるんだって」「お腹に入ってないと応援してくれる人がいなくなっちゃうから、食べてくれないとママ心配だな」

子どもは、食べないと心配なママの気持ちがわかることで、「叱られるから仕方なく食べる」ことは無くなると思います。子どもを叱るのではなく、ママの気持ちを伝えるようにしてください。

ごはんのとき…「せっかく作ったのに食べてくれないと悲しいな」

子どもが食べ残してしまったときや、食べ進めてくれないときに言ってしまう言葉ですよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.