子育て情報『【アンケートまとめ】“子育て家族の防災”実態調査① 災害への備え できていますか?』

2019年3月5日 19:00

【アンケートまとめ】“子育て家族の防災”実態調査① 災害への備え できていますか?

目次

・家庭で「防災対策」普段からしてますか?
・「非常用飲料水の備蓄」は6割 「家族の安否連絡手段の確認」は2割以下
・「避難用」に何を準備する?何を持っていく?
bousai_anq01


東日本大震災から、まもなく8年。その後も各地で地震や大雨での災害が続き、大きな被害が出ています。災害は、いつ、どこで起こるかわかりません。しかもご家庭に小さなお子さんがいる場合、どう避難すればいいのか、何を準備しておけばいいのか、心配ですよね。

すくコムで「家庭での防災対策」についてのアンケートを実施したところ、1,705人の方から回答をいただきました。みなさんから寄せられた声をもとに、家庭での防災について考える企画を3回にわたってお送りします。第1回は、小さなお子さんがいる家庭での防災対策の実態をまとめました。

家庭で「防災対策」普段からしてますか?

graph


アンケートでは、約2割のご家庭で「防災対策をしていない」という結果に。

「用意しなければとは思いつつもなかなか、準備できていないのが現実です…」「いつかくる災害に備えようとは常日頃思ってはいるが、子どもがいるとなかなか難しい。」「いつ起こるかわからないことだし、あまり実感がないので防災セットを作ろうと思ってもつい後回しにしてしまう。」「大阪北部地震直後はとっさの時に持ち出せる最低限の荷物と小さな防災リュックを慌てて用意しましたが時間が経つにつれリュックもざわつく気持ちも片付けてしまいました。」

「防災対策をしていない」と答えた方も、ほとんどが「防災対策をしなければ」という気持ちはあるものの、先延ばしになっている、きっかけがなく準備が進まない、という状況のようです。被災地でも災害の「風化」は課題になっています。

「非常用飲料水の備蓄」は6割 「家族の安否連絡手段の確認」は2割以下

graph01_01


アンケートでは、それぞれのご家庭でどんな防災対策を行っているかも聞いたところ、災害時、命をつなぐうえで欠かせない「非常用飲料水」の備蓄も6割にとどまりました。飲料水は1人あたり1日3リットル、最低3日分の備蓄が必要だとされています。赤ちゃんのミルクを作ったり、体を清潔に保ったりするためにも水は欠かせません。アンケートで「何日分の水・食料を備蓄しているか」を聞いたところ、平均「3.1日分」という結果になりました。最低でも3日分、できれば1週間分の水・食料の備蓄が望ましいとされています。

また「家族の安否連絡手段の確認」をしているというご家庭は2割以下でした。家族で話し合い、集合場所、連絡方法や安否確認の方法を決めておきたいものです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.