子育て情報『【専門家に聞いてみよう】子どもにつけてほしい力って?(1)』

2019年4月7日 21:00

【専門家に聞いてみよう】子どもにつけてほしい力って?(1)

子どもにつけてほしい力って? ~「非認知的能力」と「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」~


「子どもに幸せな人生を歩んでほしい」「先行き不透明な時代に、子どもには生き抜ける力をつけてほしい」・・・では、そのためには、子どもはどんな力を身につけたらいいのでしょうか?

最近、しばしば耳にする「非認知的能力」や「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」について、“詳しくはわからないが、なんとなく身につけておくとよさそうな力”だと感じているパパ・ママもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこですくコムでは、「非認知的能力」「10の姿」についてのいろいろな疑問を、幼児教育の専門家、大豆生田啓友さんにうかがいました。そこには、“幸せな人生” “生きる力”のヒントがありましたよ!

第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回

Q


「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」というのを耳にしました。これを聞くと、「子どもは幼児期が終わるまでにこのくらい育っていないといけない」と、焦ってしまいます。

「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」とは

「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」は、平成30年4月にスタートしたものですが、どんなものがあるかというと、「健康な心と体」「自立心」「協同性」「道徳性・規範意識の芽生え」「社会生活との関わり」「思考力の芽生え」「自然との関わり・生命尊重」「数量・図形、文字等への関心・感覚」「言葉による伝え合い」「豊かな感性と表現」です。

確かに、これを聞くと、パパ・ママとしては「うちの子も、この条件を全部満たさないといけないのかな」という気になってしまいますよね。でも、そうではないんです。

「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」は、幼稚園や保育園、認定こども園の目標なんですね。これまでの研究で子どもの発達について様々なことがわかってきたわけですが、こうした研究成果なども生かして、“幼児期の終わりまでに子どもたちにこんな姿があるといいね”“園では、こんな姿を意識して子どもたちと関わっていこう”と示したものです。つまり、園の目標なのです。

もっと言うと、「10の姿」というのは、厳密には“目標”ではなく、「方向性」みたいなものなんです。「方向性」というと漠然としてるんですけど、「幼児期の終わりまでに、こういう子どもの姿があるといいな」という方向性を示しているだけで、決してこれがどこまでできるか、というものを測る基準ではないんです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.