子育て情報『【専門家に聞いてみよう】子どもにつけてほしい力って?(6)』

2019年5月17日 21:00

【専門家に聞いてみよう】子どもにつけてほしい力って?(6)

子どもにつけてほしい力って? ~「非認知的能力」と「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」~


「子どもに幸せな人生を歩んでほしい」「先行き不透明な時代に、子どもには生き抜ける力をつけてほしい」・・・では、そのためには、子どもはどんな力を身につけたらいいのでしょうか?

最近、しばしば耳にする「非認知的能力」や「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」について、“詳しくはわからないが、なんとなく身につけておくとよさそうな力”だと感じているパパ・ママもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこですくコムでは、「非認知的能力」「10の姿」についてのいろいろな疑問を、幼児教育の専門家、大豆生田啓友さんにうかがいました。そこには、“幸せな人生” “生きる力”のヒントがありましたよ!

第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回 / 第5回 / 第6回

Q


「非認知的能力」を身につけると幸せな人生が送れる、というのはどうしてですか?

「幸せの条件」とは

幸せの条件ってなんだろう? 自分が幸せであるのはなぜだろう?って考えると、「自分がいま夢中になっていることがある」っていうことだと思うんです。人間、もともと生まれもっての能力の違いってありますよね。だから、「できない」ことに目を向けて、「これが足りない、あれが足りない」って気にしていても、不幸せになっていくだけじゃないかと思うんです。それよりは、「好きなこと・夢中になっていることがある」が幸せの条件だったほうが、気が楽じゃありませんか?

幸福感の研究では、楽観的であるとか楽観性があるということが幸福感と関連があるということがわかってきているんですが、幸福の条件としてもうひとつ、この“楽観的”ということが重要な気がします。当たり前といえば当たり前なんですけど。人生の中で、うまくいかないことがあったときに、「まあいいか」と思えることで、気持ちをたて直し、状況をたて直していけるのは大きな力ですよね。

【専門家に聞いてみよう】子どもにつけてほしい力って?(6)


ゆるっと「非認知的能力」のススメ

私は、この「まあいいか」という感じが大事だと思うんです。この「まあいいか」と思えることが非認知的能力とイコールかどうかは微妙なところもあるんですが、よく言われる非認知的能力の要素には、「意欲」とか「やりぬく」とか、ポジティブ系の言葉が多いような気がしませんか? なんとなく、私にはそう感じられるので、ポジティブ系だけじゃない「非認知的能力」のニュアンスも強調しておきたいな、と考えています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.