子育て情報『「『ブンバ・ボーン!』は我が子のような存在」「おかあさんといっしょ」元体操のお兄さん・小林よしひささんのオフィシャル・インタビュー到着!』

2019年6月19日 19:00

「『ブンバ・ボーン!』は我が子のような存在」「おかあさんといっしょ」元体操のお兄さん・小林よしひささんのオフィシャル・インタビュー到着!

yoshiinterview01


NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」を2019年3月に卒業した、元体操のお兄さん・小林よしひささんと、元「パント!」のお姉さん・上原りささん。2人の軌跡を収めたメモリアルDVD『NHK「おかあさんといっしょ」ブンバ・ボーン! パント!スペシャル ~あそび と うたがいっぱい~』が6月19日(水)に発売されます。りさお姉さんに続き、よしお兄さんのオフィシャル・インタビューを公開します!

「『ブンバ・ボーン!』は我が子のような存在」よしお兄さんが語る体操のお兄さんならではの喜びとは?

yoshiinterview02

難しいことは考えずに、体を動かす楽しさを感じて欲しい

今年の春、「おかあさんといっしょ」を卒業した小林よしひさお兄さん。歴代最長の在任期間となる14年間に、2曲の体操で子どもたちを楽しませてきた。それが、このDVDにも収録されている「ぱわわぷたいそう」と「ブンバ・ボーン!」だ。

「『ぱわわぷたいそう』は、私にとって、まるで苦楽をともにした戦友のような存在でした。『お前に踊れるのか?』『踊ってやるよ』と、毎回対話しているような不思議な感覚がありましたね(笑)」

そして、体操のお兄さんに就任して10年目の節目に、誕生したのが「ブンバ・ボーン!」。よしひさお兄さんは、制作段階の初めからかかわり、「ぱわわぷたいそう」をはじめとした、これまでの「おかあさんといっしょ」の体操に含まれていたエキスをギュッと濃縮した、我が子のような存在だという。

「たとえば、最初の跳ねる動きや『たまご、さかな、とかげ』の部分での動物の真似っこは、子どもが大好きな動きなので外せませんでした。また、『トンネルポッポー』のところの片手で体を支える動きは、体幹を鍛えることが狙いでした。予想以上に子どもたちができたのは、驚きもありました」

毎日、テレビの前でよしひさお兄さんの動きを真似していると、できなかったことが少しずつできるようになっていく。そんな喜びも子どもたちに感じて欲しかった。

「ジャンプをしたり、座ったり、ブロックごとに遊びが変化していきます。子どもによって得意、不得意があるので、どこかできない動きがあっても、ほかのブロックで楽しめるような工夫もしました。まずは直感的に、体を動かすこと自体を楽しんでもらえれば、それで十分。体操のお兄さんの役目は、そのきっかけ作りだと思います」

このDVDには、番組で親しまれてきた数々の親子遊びも収録されている。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.