子育て情報『子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト』

2019年7月10日 20:00

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト

子どもと一緒に野菜を育ててみませんか? 自分で育てたら苦手な野菜も進んで食べてくれるかも! 野菜をおうちで気軽に育てる方法を紹介します。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト

講師:深町貴子(園芸家)お子さんの観察の機会にもなるので、是非、挑戦してみてください。親子で簡単にできる野菜作りを紹介します。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


今回は、ショッピングバッグでトマトを作ります。おしゃれなインテリアにもなりそうですよ。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


用意するのは、野菜用培養土、ショッピングバッグ(保冷用)、トレイ、ミニトマトの苗などです。苗は、背丈が大きくならない品種を選びましょう。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


培養土は袋のまま使います。立てた時に下になる部分に、排水用の穴を10か所程度、2列で互い違いになるよう開けます。底ではなく側面に開けるのがポイントです。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


袋の口を切って土が見える部分まで折り返し、土を少し取り出して穴を掘り、そこに苗を崩さないように植え付けます。最後に土を戻して平らにして植え付け完了です。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


水やりは、排水用の穴から水が出るまでたっぷりやりましょう。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


トレイを保冷バッグに入れ、その上に苗を置きます。保冷バッグを使うことで、土の温度を一定に保つ事ができ、トマトが元気に育ちます。

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


ミニトマトは、日当たり、風通しが良い場所に置き、土が乾かないよう毎日バッグから取り出し、たっぷり水をやってください。
子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


ミニトマトは、赤くなったら食べごろです。夏なら2か月程で収穫できます。※気温や品種によって収穫までの期間には差があります

子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト


お家でトマト作り、挑戦してみませんか?

同じ週に放送された番組記事

(月)子どもといっしょに野菜をつくろう!(1)お部屋の中で小さな畑(火)子どもといっしょに野菜をつくろう!(2)空き箱でスプラウト(水)子どもといっしょに野菜をつくろう!(3)ショッピングバッグでおいしいトマト(木)子どもといっしょに野菜をつくろう!(4)水で育てる葉ねぎ
まいにちスクスク

Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.