子育て情報『子育てアイデア大集合!(1)』

2019年7月21日 06:28

子育てアイデア大集合!(1)

イヤイヤ写真館

(東京都 高村晶子さん/アイデア大賞2016紹介作品)

子どもが2歳のころ、イヤイヤ期に悩んでいたママ。そこで考えたのが、このアイデア。

子育てアイデア大集合!(1)


子どもがイヤイヤを始めたら写真を撮る。たったこれだけ。写真を撮られた子どもは、自分が写っている写真に興味が移って、イヤイヤがおさまります。

子育てアイデア大集合!(1)


さらに、撮影した写真を「イヤイヤ写真館」として1冊の本にまとめます。

子育てアイデア大集合!(1)


「だっこして!」と道端でダダをこねたとき、スーパーで欲しいものの前で座り込んだとき、親戚とバイバイしたくないと動かなくなったときなど、いろいろな写真があります。

子どもが5歳になっても、このアイデアを使うことがあるといいます。イヤイヤしている子どもの気持ちを切り替えることもできて、思い出にも残りますね。

マジック? 寝室スライドショー!

(東京都 河合麻子さん/アイデア大賞2015紹介作品)

河合家の仲よしきょうだいは、遊びに夢中になると、寝る時間になっても寝室に行こうとしません。そんなときに使うのが、このアイデア。

子育てアイデア大集合!(1)


用意するのは、懐中電灯、油性ペン、透明の袋。

子育てアイデア大集合!(1)


透明な袋に、ペンで好きな絵を描きます。

子育てアイデア大集合!(1)


暗い寝室で、絵を描いた透明の袋に懐中電灯をあてると、大画面のスライドショーに!そして、絵に合わせて、ママのオリジナルストーリーを聞かせます。子どもたちは暗い寝室にも喜んで行くようになりますよ!

じいじのダンボルギーニ

(福島県 松崎良範さん/アイデア大賞2018紹介作品)

3年前に初孫が生まれて、孫と遊ぶのが何よりの楽しみな良範さん。でも、孫が成長してくると、みんなが「だっこで腕や腰が痛い」と言っているのを聞いて、自分に何かできないかと考えていました。

子育てアイデア大集合!(1)


そこで、良範さんが作ったのが「ダンボルギーニ」。その名の通り、ダンボールで作った孫専用の車!?なんです。子どもが入るぴったりサイズのダンボール箱にひもをつけて、滑りが良くなるよう、底にこん包材を貼っています。

子育てアイデア大集合!(1)


「もともとは孫が2か月のころ、寝かしつけるために作ったダンボルギーニ。現在は2台目ですが、大きくなった孫を満足させるには、スピードがいちばん」と良範さん。現在、スピードをあげられる方法を考えているそうです。

専門家のコメント必要は発明の母。アイデアひとつで子育ての困難を楽しく乗り越えられます。

子育てアイデア大集合!(1)

榊原洋一さん「必要は発明の母」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.