子育て情報『えがお先生のだれでもカンタン☆笑顔写真レッスン(5)【おうち編その2】』

2019年8月13日 21:00

えがお先生のだれでもカンタン☆笑顔写真レッスン(5)【おうち編その2】

目次

・笑顔写真の撮影術「あそびシャッター」
・えがお先生のだれでもカンタン☆笑顔写真レッスンの過去の記事
egao_B2


こんにちは。どんな子どもも笑顔にしちゃう!笑顔写真家えがお先生です。子どもの写真、たくさん撮っていますか?今回は、お家で盛り上がること間違いなし!の笑顔写真の撮り方を紹介しますね。「遊んでいる時のいい表情を写真に撮るのがむずかしい」「兄弟そろった写真がほとんど撮れない」などのお悩みの声も解決します。子どもとの笑顔の記録写真をたくさん残していきましょうね。

笑顔写真の撮影術「あそびシャッター」

あそびながら撮ると子どものイキイキとした表情や動きを撮ることができます。『身近なものを使って、あそびながら撮る』という撮影方法を私は『あそびシャッター』と呼んでいます。

今回チャレンジするあそびシャッターは4つ!

・変身メガネ・つながるメガネ・風船バスケットボール・セルフタイマーであそぼう

egaosensei02_01

今回チャレンジしてくれるのは前回のおうち編に引き続き、布田さん親子です。双子のりおなちゃん・ひなちゃんは小学生になったとのこと。こうたろうくんも3歳になり、幼稚園に入園したと報告してくれました。さあ、前回のおうち編よりもさらなる笑顔写真が撮れるのでしょうか!?

camera_icon

変身メガネ

自分のオリジナルのメガネを作って装着し、笑顔の写真を撮っていきます。「子どもってメガネが好きですよね」とママ。子どもたちに「メガネつくったことある?」と聞くと「はじめて~!」と元気に答えてくれました。使うのは、100円ショップなどで売っている片面が波状になった紙製の色つき段ボール。
/egaosensei02_02


変身メガネの作り方

①子どもに作りたいメガネを白い紙に書いてもらう※子どもの目がメガネの穴から出るように、真ん中を短くするのがポイント
egasennsei01_03


②子どもが書いた絵とカラー段ボールをクリップで止める※カラー段ボールの裏に厚紙を貼ると、強度が増して、メガネが長持ちしますよ!
egasennsei01_04


③ママ・パパが、子どもが書いた線をカッター、またはハサミで切り抜く。※子どもの目が、メガネのフレームに重なってしまうようでしたら、大人が調整してあげましょう
egasennsei01_05


それでは、できあがったメガネを子どもにかけてもらい、写真を撮ってみましょう。
egasennsei01_06


POINT_icon3

①「3、2、1」とカウントダウンをして、「シャキーン!」という合図で子どもにメガネをかけてもらいましょう。②「かわいい~」「ハート型の素敵なメガネ!」「似合ってるわ」とほめ言葉を言いながら、シャッターを押します。

それでは、いってみましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.