子育て情報『公共交通機関でのベビーカー問題』

2019年8月25日 06:28

公共交通機関でのベビーカー問題

電車やバスにベビーカーで乗ることに不安があるというママやパパたちの声も多く聞かれました。皆さん、実際に乗るときにはどのような工夫をしているのでしょうか。

ベビーカー2台を使い分ける。

用途に合わせてベビーカー2台を使い分けている人もいます。

公共交通機関でのベビーカー問題


タイヤが大きくて押しやすいベビーカーを使っているが、たたむと前輪が上に来て自立せず、周囲への邪魔になってしまうと心配したあるママは、電車などに乗るときには、折りたたみがしやすく周りの人の迷惑になりづらいベビーカーを別に用意したということです。軽いので、だっこしながらでもたためて便利だそうです。

ベビーカーを持っていない。

公共交通機関でのベビーカー問題


ネットなどで子連れ外出をするママたちへの非難の声をみて、お出かけ自体が嫌になってしまったという人もいます。このママは、電車で30分以上の移動は難しいと感じています。電車で2時間のところに住む祖父母を訪ねるのも怖い、と思ってしまい、祖父母の方が孫の顔を見に来てくれているといいます。

さまざまな選択肢を試して、一番出かけやすい方法を見つけましょう。

公共交通機関でのベビーカー問題

コメント:大豆生田啓友さん学生向けに子連れ外出を体験するワークショップを行ったことがあります。赤ちゃんの人形をだっこして、ベビーカーを持って、大きなバッグを持って電車に乗るというものです。学生たちはみんな、「これでさらに赤ちゃんが泣いたり動いたりすると大変!」と、声をそろえていました。あまり気兼ねし過ぎて外出しなくなってしまうのは、親子ともにつらいと思います。ベビーカーを2つ用意したり、だっこひもで対応したり、いろいろな方法があると思いますので柔軟に考えながら用意するといいですね。それぞれが一番出かけやすい方法があると思いますので、いろいろな選択肢を試してみることが大事だと思います。

工夫や気遣いは必要です。「お互いさま」という状況ができるといいですね。

公共交通機関でのベビーカー問題

コメント:大日向雅美さんベビーカーを「たたむ・たたまない」以前に、ベビーカーが電車に乗れるようになったことはとてもいいことですね。私が子育てをしていたころは乗せることさえできませんでした。乗せても絶対にたたまなければなりませんでした。でも、親1人で子連れで外出した際、ベビーカーをたたむのは大変ですし、なかなか難しいですよね。たたまずに乗せられるような時代になって本当に良かったと思います。ただ、一方で、客観的に見るとベビーカーは大きくて、混んでいるときには、乗せる方も、他の乗客にとってもお互いに大変ですよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.