子育て情報『離乳食を始めて2か月です。あまり食べてくれないのはなぜ?』

2019年9月1日 06:28

離乳食を始めて2か月です。あまり食べてくれないのはなぜ?

離乳食を始めて2か月ですが、あまり食べてくれないのが悩みです。最初の数口は食べても、5分くらいすると機嫌が悪くなり、食べなくなってしまいます。授乳はしていますが、月齢で見ると離乳食の量が平均よりも少ないので、栄養が足りているか心配です。(7か月 男の子のママ)

食べることに慣れておらず集中できる時間も短時間。練習の時期だと思って。

離乳食を始めて2か月です。あまり食べてくれないのはなぜ?

回答:太田百合子さん離乳食を始めたばかりなので、赤ちゃんが食べることに慣れていないのだと思います。7~8か月のころはまだ練習期間と考えてください。赤ちゃんが集中できる時間は長くないので、食事に時間をかける必要はありません。集中できるのはだいたい5分ぐらいだと思います。映像を見ると、スプーンを子どもの下唇の上にそっとのせるようにする、ひと口の量も多すぎず・少なすぎず適量、とお母さんの食べさせ方はよかったと思います。その一方で、赤ちゃんがぐずっている様子を見ると、「ちょっと不安だから、おっぱい欲しい!」というようにも見えました。そこで無理強いして離乳食を食べさせる必要はありません。食べるのが嫌になったらやめていいと思います。離乳食の食べ方は赤ちゃんの成長に伴ってどんどん変化していきます。まずは無理強いしないこと、そして、お母さんも赤ちゃんが食べないことで深く悩まないことです。「食事の量」だけにこだわらず、今は「食のリズム」を付ける時期だと考えましょう。
離乳食を始めて2か月です。あまり食べてくれないのはなぜ?

離乳食は「食べる練習」をする期間です。母乳やミルクだけでは不足する栄養を補給するために、少しずつ固形物をとる練習をします。練習することで消化器官が発達し、かむことに慣れていきます。赤ちゃんは、一年くらいかけて「食べる力」を身につけていくのです。

液体から固形物に慣れていくには時間がかかり、個人差も大きくなります。

離乳食を始めて2か月です。あまり食べてくれないのはなぜ?

回答:草川功さん赤ちゃんにしてみれば、おっぱいやミルクなど液体だけを吸って飲んでいたのに、離乳食が始まると突然食べ物を口に入れるわけです。口に入ったものをうまく運ぶだけでも難しいことです。母乳やミルクはスルッと入っていきますが、離乳食になると口の中に入ってからも口や舌を使ってのどのほうへと運ばなければなりません。また、徐々に固形物になっていきますから、かむことも必要になっていきます。そして、よりしっかりと消化をしなくてはいけません。そういうことに体が慣れていくまでには時間がかかり、個人差も大きくなります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.