子育て情報『世代で違う子育ての価値観、どう折り合いをつけたらいいですか?』

2019年12月8日 06:28

世代で違う子育ての価値観、どう折り合いをつけたらいいですか?

実の母との子育ての価値観の違いを感じています。母は高校を卒業して定年までずっと看護師をしていて、私は生後2か月ぐらいから保育園に預けられていました。そのため、母には「子どもにもっとじっくり向き合いたかった」という思いがあるようで、「三つ子の魂百まで。余裕のあるお母さんは3歳までは自分の手で愛情をたっぷりそそいで育てたほうが、余裕のある子どもに育つ」と言います。私も寂しかった経験があるので、自分の中でもどっちがいいのかとても悩みました。1人目は幼稚園に入るまで自分で見ていましたが、下の子が生まれると仕事がしたいという思いが強くなり、悩んだ結果、1歳から保育園に入れました。早くに父を亡くしたこともありますが、子育ても仕事も、夫婦2人ともできるほうが、もしものときでも子どもたちを育てていけると思うんです。 夫婦で1年ぐらい話し合った結果、夫が会社とも話し合って時短勤務になり、今はどちらかというと子育てをメインにしています。夫は、母に「妻がやりたいことがあるというので、僕も協力します」と言ってくれています。母に「昔と違って女性も働いているし、男女関係ない」と話をしたら、「今も昔も母親は常にそばにいてあげなきゃいけない」と言われてケンカになります。世代で違う子育ての価値観、どう折り合いをつけたらいいですか?(6歳、1歳9か月 男の子のママ)

価値観の違いがあるとき、お互いの違いに敬意を払えるかどうかが大事です。

世代で違う子育ての価値観、どう折り合いをつけたらいいですか?

回答:田中俊之さん人はどうしても、自分が若かったころの価値観が定着し、その価値観で生きていくことが多い。もう一つ、この場合は、「自分ができなかったことを、 娘にしてほしい」という思いが加わっているので、さらにママに重圧がかかるのかもしれません。でも、本音をぶつけ合うことは必要だと思います。本音をぶつけ合う時のルールとしては、お互いの違いに敬意を払えるかどうかが大事だと思います。

夫婦で決めて実行していることについては理解してくれている。

世代で違う子育ての価値観、どう折り合いをつけたらいいですか?

回答:大日向雅美さんパパは仕事をセーブして育児と家事をしていらっしゃいますが、お母さまもそこは認めていらっしゃいますね。実の母と娘の間では、お互いに人生を賭けてぶつかってしまいます。これは悪いことではなく、よくあることです。そこに大事な娘のパートナーが入ってくださって、「僕は妻の生き方を認めたいんです」と言ってくださっている。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.