子育て情報『自転車デビューは平均4.9歳!低年齢化する今どきの子どもの自転車事情』

2018年4月22日 21:30

自転車デビューは平均4.9歳!低年齢化する今どきの子どもの自転車事情

最近、街で自転車を運転する子どもたちを見かけ、「えっ?こんなに小さい子が補助輪なしの自転車に乗ってるの!?」と、驚いたことはありませんか?

たまたま運動神経がいい子どもだったのか、それとも現代っ子は親が早くから練習させるのか、ちょっと気になりませんか?

子どもに自転車デビューをさせるのは、親にとっても大事なこと。

今回は、今どきの子どもの自転車事情についてご紹介いたします。
自転車デビュー

A_Team / PIXTA(ピクスタ)

■ 子どもの自転車デビューは平均5.7歳から4.9歳へと低年齢化している
子どもと自転車

マハロ / PIXTA(ピクスタ)

日本トイザらスが実施した「自転車に関する調査」で、”自転車を運転することができる”と回答した20歳以上の調査対象者に、何歳頃から自転車に乗れるようになったか聞いてみました。

自転車アンケート


するとトップは、「6歳」の31.2%。

次いで「5歳」27.0%、「7歳」15.6%という結果となりました。

これらの結果を平均すると20歳以上の人の自転車に乗れるようになった年齢は「5.7歳」。

自転車アンケート


さらに回答者の子どもが、自転車に乗れるようになった歳について聞いてみると……。

なんとその平均年齢は「4.9歳」と、0.8歳も若くなるんです。

昔は、小学1年生でも自転車に乗れない子は珍しくありませんでしたが、

現代の平均を見てみると4~5歳で大体のお子さんが自転車に乗れるようになっている、というから驚き!

この理由、気になりますよね。

■ 自転車デビュー低年齢化の背景ってなに?
バランスバイク

NORI / PIXTA(ピクスタ)

自転車デビューの低年齢化の背景でまず思いつくのが、バランスバイク(キックバイク・※1)に乗るお子さんが増えていること。

小さいうちからバランスバイクに乗って遊ばせていると、自転車に乗る時と同様のバランス感覚が身につくと言われ近年大流行のアイテムですよね。そのほかには、以下の理由が挙げられるそう。
  • 親世代よりも、インチの幅が充実しているから
  • サドルが低い自転車が増え、低身長の頃から自転車に挑戦できるから
確かに昔は子ども用自転車といえば、16型がメインというイメージ。
子どもの自転車

charly / PIXTA(ピクスタ)

しかし現在は、12~18インチと幅広い選択肢があります。

どうやら、子ども用遊具や子ども用自転車の充実など、それをとりまく環境によって、自転車デビューの低年齢化に繋がっているようですね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.