子育て情報『「留守番デビュー」する子どもに最適!10連休もWebカメラで防犯対策は万全』

2019年4月21日 16:00

「留守番デビュー」する子どもに最適!10連休もWebカメラで防犯対策は万全

もうすぐゴールデンウイークの10連休が始まります。

子どもの学年が一つ上がり、これを機に“職場復帰する”というママさんや、“学童保育を卒業して家で過ごす”というお子さんも多いのではないでしょうか。

そこで、今年「留守番デビュー」する子どもがいるけど、家で1人にしておくのは心配……、という働くママさんに、ぜひオススメしたい便利なホームセキュリティシステムがあるんです。

また大型連休を前に、不安を解消する最高のアイテムです。

■ 子どもの犯罪被害が最も多いのは「帰宅後」。家の中も安心できない!?
留守番

PIXTOKYO / PIXTA(ピクスタ)

お子さんが新学期から「留守番デビュー」したというお母さん。

何かと物騒な世の中、子どもが被害者になったニュースなどを聞くと、不安になりますよね。

今年のGWのように10連休もあると、その不安はもっと募りますね。

働くママにとって、子どもを一人だけで家においておくのはやっぱり心配なものです。

そこで、防犯のプロであるALSOKのHOME ALSOK事業部の堀田麻里絵さん、渡辺文子さんのお2人に、お子さんに向けた防犯のポイントについてお話を伺いました。
ALSOK

堀田麻里絵さん(左)、渡辺文子さん(右)

堀田さん「新しい環境になって、交友関係や行動範囲が広がる新小学一年生のお子さんをお持ちのお母さんは、特に心配ですよね。データを見ると、犯罪被害が最も多いのは、下校中や帰宅後に遊びに行ってからが最も多く、さらに在宅中の犯罪被害も案外多いんですよ」

ALSOK


在宅中の犯罪被害は、帰宅中に目をつけられて玄関のドアを開けたとたんに侵入されたり、子どもが1人で留守番しているとわかると訪問者などを装ってドアを開けさせたり、といった侵入者が多いとのことです。留守番中も気を抜けませんね。

ここで渡辺さんから「留守番デビューをしたお子さんに、ぜひ覚えてもらいたい言葉があるんです」とのお話が。

ALSOK


それが下の覚え言葉です。

いえのカギを見せない
いえのまわりをよく見る
ゆうびん受けをチェック
だれもいなくても「ただいま!」
なかに入ってすぐ戸締り

大事なのは、侵入者に「家に保護者がいるかもしれない」と思わせることだそう。

この「いいゆだな」を合言葉にして、お子さんに留守番の注意点を覚えてもらいましょう。

■ 子どもを見守るWebカメラ「HOME ALSOKアルボeye」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.