子育て情報『働くママの8割以上が心身不調。1000人にリサーチしてわかったこと』

2019年11月13日 21:04

働くママの8割以上が心身不調。1000人にリサーチしてわかったこと

従来の専業主婦と同程度の家事・育児をこなしながら働く女性は、もはや珍しい存在ではなくなりました。
働く母親を指す「ワーキングマザー」「ワーママ」といった言葉も頻繁に耳にするようになっています。

株式会社ウェルネスライフサポート研究所の「働く母1000人実態調査」によると、罪悪感や不安感といった悩みを抱えながら働く女性が多い事実が浮き彫りに。ここでは、働く母たちのリアルな働き方や健康状態などを明らかにしていきます。

調査の結果「罪悪感」「不安感」といった悩みを抱えながら働く女性が多いことが分かりました。

■ 8割以上の働く母親が心身不調

働く女性

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

今回の調査は、末の子どもが0~12歳の子どもを持ち、育休後職場復帰した有職女性1030人を対象としています。職業は会社員および公務員です。

調査ではまず、妊娠中、育休復帰後、現在のそれぞれで心身の不調を感じている(いた)女性を調べました。すると妊娠中には93.3%、育休復帰後は86.4%、現在でも82.2%という結果に。
ほとんどの働く女性は産前産後に関わらず、出産を経た現在でもなお心身に何かしらの不調を抱えているという衝撃の結果がとなりました。

また、「仕事を続ける中で何かしらの症状で悩んだり困ったりした経験がありますか?」という問いの結果は以下の通り。

働くママの8割以上が心身不調。1000人にリサーチしてわかったこと


妊娠中の「つわり」や「下腹部の張り」は妊娠に伴う体の変化なので仕方ないものの、育休復帰後と現在には「疲労感」「疲労」がそれぞれ上位にきていることが分かります。
また「へとへとだ」「イライラ」も高い割合になっており、働く母の多くは肉体的疲労だけでなく精神的疲労を抱えていることが明確になりました。

■ 仕働く母親を襲う罪悪感、不安感、つらさ…

病院

つむぎ / PIXTA(ピクスタ)

こうした心身の不調への対処について聞くと、体の不調については「病院に行く」(48.7%)や「家族に相談」(32.1%)と何かしらの策を講じる人は少なくありません。

一方で心の不調については「何も対処していない」(37.9%)と回答したのが3人に1人という結果に。さらに他の対処法についても「家族に相談」(42.6%)、「同僚や友人に相談」(29.9%)にとどまっており、多くの働く母は専門医への受診やしかるべき対処を行っていないようです。

調査結果


続いて仕事と家庭を両立していく上で、職場や家族への罪悪感や「このままでいいのだろうか」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.