子育て情報『子どもの勉強は、サイコロで「何からやる」を決めてもらうとスムーズ』

2021年3月24日 20:34

子どもの勉強は、サイコロで「何からやる」を決めてもらうとスムーズ

サイコロ、キッチンタイマー、電子メモパッド


「子どもがスムーズを始めるには、どうしたら?」「なかなか勉強に集中してくれない」…。これらは、多くの家庭が持つ共通の悩みではないでしょうか。

小学2年生の娘をもつ日刊住まいライターは、自身の試行錯誤から、一見すると学習とは関係のなさそうなアイテムがうまく活用できることに気づいたそう。サイコロやキッチンタイマーを使ったアイデアを紹介します。

■ サイコロでスムーズなスタートを。勉強の順番は運に任せよう!

子どもが自宅学習をスタートする際、「何からやろうかな?」とダラダラして、なかなかやり始めない…。そんな時に筆者は「サイコロ」を使います。

4個入りのサイコロ


こちらは、100円ショップなどで手に入る4個入りのサイコロ。

1から6までの目に合わせて学習内容を設定


1が出たら漢字、2が出たら英語、などと1から6までの目に合わせて学習内容を設定。子どもにサイコロを振ってもらい、出た目の科目から取り組むようにしています。

サイコロを振るという行為がゲーム感覚で楽しめるというメリットもありますし、出た目の学習はやらなければならない、という義務感のようなものも生まれるようです。このスタイルにしてから、スムーズに自宅学習をスタートできるようになりました。

■ クルクル回すのが楽しいキッチンタイマーで制限時間をカウント

無印良品の「ダイヤル式キッチンタイマー」


「計算カード」や「音読」「小テスト」など、子どもの宿題は制限時間内でこなさなければならないものが少なくありません。

そんなときに使っているのが無印良品の「ダイヤル式キッチンタイマー」です。こちらは、本体がダイヤルになっているため、回転させることで簡単に時間設定ができます。

無印良品の「ダイヤル式キッチンタイマー」を活用して宿題中


ボタンは「スタート・ストップ」と「リセット」の2つのみなので、子どもでも片手で簡単に操作できます。

冷蔵庫に貼った無印良品の「ダイヤル式キッチンタイマー」


筆者の娘はクルクル回す操作が楽しいようで、喜んで学習に取り組んでくれます。キッチンで使っても、シンプルでインテリアを邪魔しないデザインなのもうれしいポイントです。■ 漢字の練習やちょっとした計算に「電子メモパッド」を

電子メモパッド


子どもに何かを説明したり、ちょっと計算したいときなどに「電子メモパッド」を活用しています。ノートや紙を出さなくても、ササッと書いてすぐに消せるので、とっても便利。

電子メモパッドで漢字の練習


筆者の娘は、軽い力でさらさらとした書き心地が気に入っていて、漢字の覚え書きにも活用しています。

自宅学習は、子どもが楽しみながら使えるアイテムを取り入れることでモチベーションがアップしたり、スムーズに進むこともあります。なかなか自宅学習がうまくいかない、という方は参考にしてみてください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.