子育て情報『セーフティグッズで、赤ちゃんに安心のリビングに。購入してよかったと思う4つ』

2021年8月11日 21:04

セーフティグッズで、赤ちゃんに安心のリビングに。購入してよかったと思う4つ

プレイマットに寝ころぶ赤ちゃん


新生児期の赤ちゃんが成長して動き始めると、家の中の安全面が気になります。

今回、日刊住まいライターが、おさない娘のためにリビングの安全対策を実行。ジョイントマット、コーナーガード、ベビーサークル、プレイマットの4つのセーフティグッズをそろえました。結果、ケガをする危険がなくなっただけでなく、ご近所への音問題もクリア。さっそく、レポートします。

子どもと暮らす家で行った赤ちゃんと過ごす部屋づくりの参考にしてください。

■ 角やコンセント穴、転倒の危険などが気になり、安全対策を意識

ベビーサークルから身を乗り出す子ども


わが家は、夫と1歳の娘、そして筆者の3人暮らしです。
まだ娘が新生児のころはあまり意識をしていなかったのですが、寝がえりをしたり動き出したりしてからは、家の中の「テーブルやドア角」「コンセントの穴」…あらゆる危険箇所が気になってきました。

まずは子どもと毎日過ごすリビングルームの安全対策を見直すべく、さまざまなセーフティグッズをチェックしました。

購入してよかったと、筆者が個人的に感じた4アイテムを紹介します。

■ 硬い床対策に、木目調の大判サイズ!タンスのゲン「ジョイントマット」

ジョイントマットを敷きつめた床


まず、家のなかで気になったのは、リビングの床の壁の硬さでした。フローリングですが、子どもにとっては硬い床。そこで、床にはジョイントマットを敷くことに!6畳用大判サイズ32枚入りで、販売価格は4999円(税込み)。

洋室にもなじみやすい、木目調ナチュラルデザインのジョイントマットを敷きつめました。ほどよい弾力性で安心!寒い時期に寝転んでもひんやりしない点もうれしかったです。

■ 家具の角をしっかりガード!西松屋「コーナーガード」

テーブルの角のゴッツン対策


部屋の壁やドアなどのあらゆる角にも注目。家具の角には、ぶつかってしまっても衝撃を和らげてくれるゴッツン対策のコーナーガードを装着することに。

そこで購入したのが、ベビー用品を多くそろえる、西松屋の「コーナーガード・ブラウン」(Mサイズ・2個入り、251円・税込み)。両面テープつきで取りつけも簡単です!

■ 用途に合わせて形を変えられる!ネビオ「ベビーサークル」クエット

ホワイトカラーで部屋になじみやすいベビーサークル「ネビオ」の「クエット」。販売価格は1万4800円(税込み)です。
こちらを購入するまでに、たくさんの商品を見たのですが、安全な素材、ナチュラルカラー、柵の高さなどで筆者の条件をすべてクリアしたのがクエットでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.