子育て情報『量り売り&切り売りシステムで、スタッフとの交流必須?イタリアのスーパーは「自由度」が高くて「人間味」にあふれてる!』

2019年4月6日 19:01

量り売り&切り売りシステムで、スタッフとの交流必須?イタリアのスーパーは「自由度」が高くて「人間味」にあふれてる!

Middle img 8081c1c4 859c 4d3b b1e3 d9836a1d377b

生鮮物は基本、量り売り!必要な分だけ買おう!
野菜・果物はセルフサービス!
野菜や果物は大部分が量り売り。備え付けのビニール袋に欲しい分だけ入れて、自分で秤に乗せて計量します。それぞれの食品に番号が付いており、その番号のボタンを押すと値段が付いたシールが出てくるので、それをビニール袋に貼ってレジで支払います。

The market 3147758 1280

スーパーによっては野菜コーナーにもスタッフがいて、計量して値段シールを貼ってくれたりします!
オーダー式量り売り
肉・魚も量り売り。パック入りの切り身(計量済み)も売っていますが、カウンターでスタッフにその日のおすすめを聞き、活きのいいものを買う人がほとんどです。
生肉コーナー

Img 20190323 173730098

ブロックの肉をカットしてくれるだけでなく、下準備がされた、あとは焼くだけ状態の肉料理もたくさんあるので便利。新鮮なハンバーグも美味しいです!
魚介コーナー
今日の釣れたてや活きのいい魚をおすすめしてもらったり、献立に困るとレシピを教えてもらったり。

Img 20190323 173801513

私たちの馴染みのスーパーにいる魚コーナーのお兄さんは、一児の父でありつつ夜の姿はミュージシャン!毎日行くスーパーなので、そんな家庭の話もお互いに自然と話題に登ります。
パン&製菓コーナー
パンや製菓も出来たてを欲しい分だけ買うことができます。大きなパンは好きなサイズにカットしてくれます。

Img 20190323 174006308

スーパーなのでもちろん袋入りの大量生産のパンやお菓子も売っていますが、特にパンに関しては、列に並んでも毎日焼きたてのものを購入するのがイタリア人です。
ハム・サラミカウンター
ハムやサラミも、こんな風にスライスして計量し、値段シールを貼ってくれます。キロいくら、と言われても1kgがどのくらいの量になるのか私は想像できないので、大抵は枚数でオーダーします。少量でもOKで、スライスの厚さを調節してもらうことも可能です。

Ham 713138 1280

さすがイタリア、パスタやチーズも充実!チーズコーナー
チーズだけでもこんなに!普通のスーパーでも、硬質から軟質タイプ、フレッシュなものから熟成したものまで何種類も揃っています。

Img 20190323 173955209

棚1面パスタがずらり!
これは「乾麺」の棚。他にも冷蔵棚の詰め物パスタなど、かなりのスペースがパスタに費やされていて、さすがイタリア!とびっくりします。

Img 20190323 173847617

ワインやコーヒーも品揃え豊富!
イタリアワイン&リキュール、コーヒーもお忘れなく。

Coppia sorridente guardando la bottiglia di vino 13339 266457

ちなみに、レジのスタッフたちは座ってピッ!
日本のように立ってレジを打ち、商品を丁寧に袋に入れてくれ、さらにお辞儀までしてくれるようなスタッフはまずいません(笑)。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.