子育て情報『これは泣ける!育児で悩む私の心にジーンと響いた上司の金言。“経験者”の「悟り」が詰まってますね』

2019年3月26日 19:01

これは泣ける!育児で悩む私の心にジーンと響いた上司の金言。“経験者”の「悟り」が詰まってますね

Middle img 1d96e4ec 782b 4acb 8f4a 38d4c6f15d8f

「ゆら(@rununculus123)」さんは、保育園児2人を育てるワーキングマザー。
第一子の産休に入る際、「役員のおじさま」からの言葉がとても素晴らしいものだったそうです。
後から気付いた、その言葉の「重み」

第一子の産休に入る時、社内の上司たちに挨拶して回ってたら、アメリカ帰りの役員のおじさまから言われた。

子育てはね、
very goodを目指す必要はないんだ、それだとしんどくなる。
good enoughで充分なんだよ。
うちの子は二人ともそれで立派に巣立って行った。
good enoughでいい。覚えといて。

— ゆら@共働き母 (@rununculus123) 2019年3月3日

子育ては“very good”(とても良い)でなく、“good enough”(充分良い・まあまあ良い)でいい。
育児には正解とゴールが無いことを「役員のおじさま」はよ~くご存じだったんですね~。
さすがアメリカ帰り……本当に素敵ですね!

その時は意味がよく分からず、親ならみんなvery good(すごくいい)を目指すもんじゃないの?と思ったんだけど、
一人産み、二人産んだ今なら分かる。

子育てはgood enough(まあまあいい)で充分。本当に充分だと思う。頑張りすぎそうになった時、何度もこの言葉で救われた。私の大切な合言葉。

— ゆら@共働き母 (@rununculus123) 2019年3月3日

そしてその言葉の意味は、「第二子を出産した今なら分かる」というゆらさん。
子ども1人なら全ての力を子どもに注ぐことは“頑張れば可能”ですが、2人になるとなかなかそうはいかないんですよね。
ツイッターでは共感の声が
自分に対してもだし、パートナーに対してもgood enoughでいいと思えると楽ですね。
出典:twitter.com
なんか泣きそうになった。いい言葉。
出典:twitter.com
本当に世の中 結果求めすぎだと思いますそれも自分基準だけ自分がそう思えなくてもそれなりに出来てたらええかとやるのは他人 たとえ親子でも押し付けはなしで
出典:twitter.com
自分の育児に「very good」を求めると、知らずしらずのうちに我が子やパパにも「very good」を求める状況になってしまっていることも。リプライにもあるように、過剰に「求めすぎる」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.