子育て情報『「小学生に上がれば楽になる」って本当?いえいえ、多くの家庭が「小1の壁」に直面。想像以上のその内容とは』

2019年4月24日 19:01

「小学生に上がれば楽になる」って本当?いえいえ、多くの家庭が「小1の壁」に直面。想像以上のその内容とは

Middle img 3a5875c1 202c 4d3b 9d57 2e727873bf9d

3姉妹を育てるママ「さよてぃーぬ(@sayomamas)」さんがツイートしたのは、「小1の壁」に直面した超絶過酷な現実のハナシでした……。
想像以上にヤバイ……小1の壁

深夜の呟き。

小1の壁って言葉あるけど

学童あるし、
なんとかなるやろって思ってた。

実際は
思ってたよりもヤバゲーだった。

・参観日や毎日のプリント提出
・生活リズムの変化へのストレス
・お弁当つくりや宿題の相手
・娘たちのメンタルの気遣い
・頼れない旦那

精神的にカオス

— さよてぃーぬ 俺様の妻ブロガー (@sayomamas) 2019年4月8日

小学校へ上がれば、幼稚園や保育園への送迎がなくなるし1人で行動してくれる分、楽になるかと思いますよね~!
実際は!思ってたんと違うーーーーー!!!!(´;ω;`)
そもそも「小1の壁」とは?
「小1の壁」とは、一般的に“共働き家庭における、小学校のシステムと仕事との両立の壁”的な意味で使われることが多いもの。

実際に、
・子どもの登校時間を待っていると、親の出社時間に間に合わない
・学童を利用しても、仕事の都合でどうしても子どもが1人になる時間ができてしまう
・春休みや夏休み、冬休みなどの長期休みの対応
などどうしても調整が難しく、転職や退職を考える保護者もいます。

それ以外にも「急に環境が変わった子どもへのサポート」や「親自身の忙しさが増すこと」で非常に大変に…。ほぼ全ての家庭が直面する問題が「小1の壁」なんです。

612105078cda149fdc80494184fac017 s

今までは送迎してもらって軽い学習を取り入れつつ主に“遊び”を楽しんでいたのが、4月を機に全て1人でやるうえに「学習」がメインとなる生活に切り替わります。「小学生になるんだ」「1年生になるんだ!」という期待とある程度の心構えはしていたものの、やっぱり急にアレコレできるようにはならないもの。

「学校いやー!」「宿題やりたくないー!」「も~分からん!!!」など家で荒れることもしょっちゅう……そんな子どもに対応しつつ、参観日やPTA役員、子ども会行事に町内会などなど……もうメンタルと体力がムーリー(ヾノ・∀・`)
2年からは少し楽……かも

8afef5d6735b4081f9ea4ce6fa79a45d s

ちなみに昨年は
・長女→1年生
・次女→年少
でまさに“大荒れ”だった我が家。私が自宅にいるので、学童や幼稚園の延長保育は利用していません。でももうとにかく嵐のような毎日。
実録!我が家の「小1の壁」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.