子育て情報『【赤ちゃんの誕生を祝うお七夜】いつどんな風にお祝いするの?流れ、服装、食事から気になる命名紙の書き方までご紹介!』

2019年5月23日 15:01

【赤ちゃんの誕生を祝うお七夜】いつどんな風にお祝いするの?流れ、服装、食事から気になる命名紙の書き方までご紹介!

Middle img ad7b2e61 c2c4 40d6 9cb1 919386db7ab2

お七夜って?
お七夜は「おしちや」と読み、赤ちゃんが生まれてから七日目の夜に行うお祝いの行事です。

赤ちゃんの健やかな成長を願う事を目的としており、親戚一同を集めて名前をお披露目する「命名式」と合わせて行うのが一般的な流れとなっています。

生後7日目となると、ちょうど退院のタイミングというママも多いはず。
そのため無事に退院したお祝いも兼ねて、お七夜を行うご家庭もあるようです。

しかし生後7日目ではママの体調も回復には程遠く、赤ちゃんの名前もまだ決めかねているというご家庭も多いですよね。

そのため最近では生後7日目にこだわらず、出来る時に家族のみで行うというような流れに変化してきているのだそうです。

Cd57018c f3fd 4b2b 80d0 42391eba6e24

お七夜には何をするの?
メインは「命名式」!
お七夜のメインは「命名式」です。
赤ちゃんの名前を命名紙に書き記し神棚にお供えします。

命名紙は奉書紙(ほうしょがみ)や美濃紙(みのうがみ)を使う正式な物と、半紙を使う略式の場合があります。
もっと簡単でもOK
しかし現代では略式である半紙に習字をするというだけでもかなり敷居が高いですよね…。

でもご安心ください!
命名紙は普通の紙に筆ペンで記入したものでも全く問題ないんです。
また、神棚がないご家庭は壁に貼り付けるだけでも大丈夫です。
命名紙って、どうやって書くの?
奉書紙や美濃紙を使うご家庭は少数だと思いますので、今回は略式の命名紙の書き方をご紹介していきます。

命名紙によって書き方も様々なタイプがあるようですが、必ず必要なのは生年月日、赤ちゃんの名前、親の名前です。
【赤ちゃんの誕生を祝うお七夜】いつどんな風にお祝いするの?流れ、服装、食事から気になる命名紙の書き方までご紹介!

命名紙の書き方
①中央に赤ちゃんの名前を記入
赤ちゃんの名前にひらがなをふるかどうかは自由です。

②生年月日を記入
西暦ではなく元号で書きましょう。

③父、母と記入。その下に親の名前を書きます。
生年月日と親の名前の位置は左右逆でもかまいません。
最近では可愛い命名紙がたくさん販売されていて、中には代筆付きで赤ちゃんの手形も一緒に残せるという豪華な命名紙まで!

【赤ちゃんの誕生を祝うお七夜】いつどんな風にお祝いするの?流れ、服装、食事から気になる命名紙の書き方までご紹介!

【一生残せる命名書】てがたあしがた 命名書 ★ 手形足型 命名紙 代筆 おしゃれ 額縁付き 出産内祝い 内祝い

また、予算がちょっと…という場合に心強いのが命名紙を無料でダウンロードできるサイト。
印刷ができる環境があれば使わない手はありませんね♪
赤ちゃん命名ガイド命名紙を無料でダウンロードできるサイト
いつまで飾っておくの?
命名書を飾っておくのはママの床上げとなる21日目までが目安となるそうです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.