子育て情報『じわじわ人気上昇中!自転車用ベビーカー【チャイルドトレーラー】って何?魅力や人気メーカーなどご紹介』

2019年5月28日 15:01

じわじわ人気上昇中!自転車用ベビーカー【チャイルドトレーラー】って何?魅力や人気メーカーなどご紹介

Middle img 53b2744a 6eee 446a b0d0 c0d6749b75e5

欧米では一般的!「チャイルドトレーラー」
“自転車での幼児連れ移動”といえば、日本で一般的なのは「子乗せ自転車」ですが、実は欧米では自転車の後ろにくっつけるトレーラー「自転車用ベビーカー(チャイルドトレーラー・サイクルトレーラー)」というものが普及しているそうなんです。

はてさてどんなモノなのでしょうか?
自転車でトレーラーをけん引!

その名の通り、まさに自転車の後ろにトレーラーをけん引する形となる「チャイルドトレーラー」。“子乗せ自転車”と呼ばれるチャイルドシートタイプとは全くビジュアルが違いますねー!
youtubeにもたくさん動画が上がっていました!
乗っているお子さんたちも楽しそう♪

子乗せ自転車とチャイルドトレーラーの違いは?

85ca3943e9d1831f2b41ed65dbf2deaa s

道路交通法によればチャイルドトレーラーをけん引した自転車も、一般的な自転車と同じく「軽車両」扱いとなるため、走行できる場所は「車道」です。
日本でもじわじわと普及してきていますが、走っている道路の写真などを見ると、やはりのどかで広めのところが多い様子。狭くて車通りの多い道路を通る場合は、チャイルドシートタイプも同じですがちょっとヒヤヒヤしそうです。
子乗せ自転車のメリット・デメリット
【メリット】
・スペースをとらない
・子どもと近いので会話がしやすい

【デメリット】
・重心が高いのでバランスを崩しやすい
・万が一の転倒や事故の際、身を守るものがない
・子どもが2人以上の場合は移動が大変になる・3人以上だと乗れない

チャイルドトレーラーのメリット・デメリット
【メリット】
・重心が低く、タイヤが2つor3つ付いているため安定性が高い
・万が一自転車が転倒しても、トレーラーはほぼ転倒しない設計になっている
・トレーラー全体がしっかりとしたフレームで覆われているものが多く、万が一の際のリスク軽減
・1人乗りはもちろん2人乗りトレーラーもあり、一緒に荷物を積むことも可能
・カバーがついていて雨の日でも安心
・製品によってはそのままベビーカーや雪山でのソリなどとして使えるものも

【デメリット】
・チャイルドシートタイプの子乗せ自転車よりもスペースが必要
・後ろが長く、幅も少し広めに使うため移動中は注意が必要
・子どもとの距離が遠いため、移動中の会話が難しい
ほとんどの自転車に取り付け可能
一般的な自転車はもちろん、ロードバイクやクロスバイクなどにも取り付け可能。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.