子育て情報『【小1の危機管理能力】これから必要なのは「ネットリテラシー」と「〇〇」!小さな頃からコツコツと身に付けていきましょ!』

2019年6月19日 19:01

【小1の危機管理能力】これから必要なのは「ネットリテラシー」と「〇〇」!小さな頃からコツコツと身に付けていきましょ!

Middle img a846d911 cc66 42ba 923d 2926c59124f1

「南(@_y_minami)」さんは小学1年生の息子さんを育てるパパ。
あるとき息子さんは、動画を撮っているなかで自身が重大なミスをおかしてしまったことに気づいたのだそうです……!
あぶない~!身元割れるヤーツ!

息子氏: さっき動画撮ってたんだけど「○○児童館で遊んできたよ」って言っちゃった。どうしよう。そこだけ消せる?

僕: 消せるよ。お父さんが消してあげよう。

僕: でもどうして「○○児童館」って言っちゃいけないってわかったの?

息子氏: 考えたらわかった。

小学1年生のリテラシー高い。

— 南@エンジニア兼ティーアドバイザー (@_y_minami) 2019年6月15日

小学1年生の息子さん、すごい!!!不特定多数の人に見られる可能性のあるものは「〇〇児童館」など固有名詞を言ってしまうと、下手すると住んでいる場所まで特定されてしまう可能性もゼロではないんですよね。もちろん、近所の風景や通っている学校の制服なども写さないほうがベター。

最近はSNSなどでいろんな写真や動画をUPする人が増えましたが、それらの危険性を知ってる人は本当に気をつけています。
まだ小1なのに、言っちゃいけないことを“考えたら分かった”という息子さん、すごいなー!ネットリテラシー、大事ですね!
「ネットリテラシー」って?

Ca98e39e0fd030667d8f874cf43433ed s

ネットリテラシーとは「インターネットリテラシー」の略で、“インターネットの情報を正しく使える能力”のことをいいます。たとえばネット上にあるさまざまな情報の中から間違っていない情報を選ぶ力だったり、個人情報を気軽にネット上に載せないことだったり。
YouTubeやツイッターはもちろん、LINEなどを利用する際も気をつけたほうが良いことはたくさんあります。

インターネットは世界中の人が簡単にアクセスできて、不特定多数の人の目に触れる可能性があるもの。そして一度インターネットに上がってしまった情報は、2度と消すことができず誰かのもとに保管されてしまう場合だってあるんです。

もし自分が何も考えずに気軽にネットにUPした情報がもとで、身の回りの人がこれから先ずっと苦しみ、悩んで生きていくことになったら?……とても怖いことですよね!必要なのは「ネットリテラシー」と「考える力」

64fcc5bf878c99dc9c6bc4aaa945bea6 s

小さな頃からスマホやYouTubeなどに触れ、インターネットがとっても身近な存在となっている今の子どもたち。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.