子育て情報『【新生児育児の悩み】一児の母である私が考える育児で辛い時の乗り越え方!ママは絶対にひとりじゃない。』

2019年7月21日 15:01

【新生児育児の悩み】一児の母である私が考える育児で辛い時の乗り越え方!ママは絶対にひとりじゃない。

Middle img 49c16ed3 e7d8 490a b998 786a8db089a8

「こんなに大変だとは知らなかった…」
妊娠発覚から出産までを終えたばかりのママさん、赤ちゃんの誕生おめでとうございます!

今は妊娠から出産までの時期を乗り切った達成感と、新生児育児への不安で胸がザワザワしているのではないでしょうか?
はじめてのオムツ替え
おむつ替えって簡単に出来るイメージではありませんでしたか?
実際にやってみると慣れるまでは案外大変。

上下逆につけたり、テープを留める位置がよく分からなかったり…。
赤ちゃんが泣いている状態で取り換えることが多いので、焦ってしまうんですよね。

私の場合は産院で過ごす1週間が終わるころに、ようやくオムツ替えのコツをつかんだように思います。
授乳ってこんなに難しいの?
出産前の私は「授乳」の課題は母乳が出るかどうかだと思っていました。
もちろんミルクでも全く問題ないのですが授乳というものを経験してみたいという気持ちがあったからです。

そのため運よく母乳が出れば何の心配もないと勘違いしていました。

しかし実際には、母乳が出たとしても足りているのか?という不安や、乳首が切れて血が出るなどトラブルもしょっちゅう。
授乳の時の抱っこだって練習しないとうまくできないんですよね…。

さらには、げっぷがでなくて困ったり、吐いたらその都度着替えの必要。
ですが、その着替えのお世話だって慣れるまでは時間がかかります。

F88c1c1a878938c1845b50e5aa15e138 s

昼も夜もないから一日が終わらない!
朝も夜も関係なく何が起こるか分からない24時間体制の新生児育児。
暗い部屋を抱っこで歩き回っていたら空が明るくなってきた…そんなこともよくあります。

朝に家族から「おはよう」と言われただけで❝私はおはようじゃない!だって寝てないから!❞と思ってしまった時に、イライラのストレスがたまっていることを実感しました。

産後の身体でしんどかったこと
産後、私は寝ているときに「赤ちゃんの泣き声で起こされる」というのがすごく苦手でした。
苦手というとちょっと変に感じるかもしれませんし原因は不明ですが、泣き声を聞くだけで心臓がバクバクしてしまうんです。

イメージとしては、いつ鳴るか分からない爆音の目覚まし時計を抱いて寝ているような感覚。泣き声を聞くのが怖いと感じているので「次はいつ泣くんだろう…」と構えてしまい授乳と授乳の間の貴重な時間も眠ることが出来なくなっていました。

84b9d6eddbabee9cab2d157412e69b77 s 1

周囲に甘えることも必要
いま私が産後の自分に声を掛けられるとしたら、とにかく完璧主義をやめて!ということです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.